DMM.comの、一番深くておもしろいトコロ。

金沢PF

知識ゼロでディレクターからエンジニアに社内転職! ひよっこエンジニア1年目の軌跡。

はじめに はじめまして。プラットフォーム事業本部メンバーシップサービス部CSSスクラムチームの小杉です。 CSSは「Customer Service Support」の略で、主に問い合わせフォームやヘルプ検索サイト、 DMMのカスタマーサポートが利用する管理プロダクトの運用…

Auth0のトライアルしてみました

プラットフォーム事業本部メンバーシップサービス部 アカウントサービスチーム、みやざきです。 アカウントサービスチームのプロダクトの一つにDMMの認証基盤があります。 DMMでは独自の認証基盤を開発・運用しているのですが、「10年で300事業」という弊社…

コンタクトセンターシステムを進化させる!CSS スクラムチームの紹介

はじめに こんにちは! メンバーシップサービス部 CSS スクラムチームの堀本です。 現在はCSSチームのプロダクトオーナーとして、日々奮闘しております。 我々のプロダクトは、カスタマーサポートが使う「コンタクトセンターシステム」です。 今回は、私たち…

デザイナーからPFのエンジニアへの転身

はじめに はじめまして。プラットフォーム事業本部メンバーシップサービス部の眞名垣です! 普段はエンジニアとしてDMM会員の認証と顧客情報に関連するプロダクトの開発をしています。 ちょっと前までは違う部署でデザイナーをしていました。 理由あってエン…

DMMのログイン・会員登録周りの多言語化対応

はじめに こんにちは。メンバーシップサービス部 アカウントサービスチームの山岸です。 日頃は、DMM会員の認証と顧客情報に関連するプロダクト(認証基盤と顧客情報盤)のバックエンドおよびフロントエンドの開発・保守を行っています。 今回は会員登録・ロ…

たこちー流!大人数を相手にするオンライン会議スキーム

はじめに はじめまして! プラットフォーム事業本部 他事業コンサルグループ(通称:たこちー)の若林です! 普段はDMMの新規サービス立ち上げ時にプラットフォーム機能(認証機能、決済機能等の共通機能)の導入支援を行ったり、リリース後にサービスが軌道…

業務効率化のためのSlack活用術 ~他事業部コンサル編~

1. はじめに はじめまして。プラットフォーム事業本部の門脇です。 他事業部コンサルティンググループというチームに所属しています。 チームでは、DMMの各サービスにプラットフォーム機能(認証機能、決済機能等の共通機能)を最適の形で導入するための提案…

DMMを支える会員プラットフォームのdatadog監視

アカウントサービスチームについて datadogの機能 ダッシュボード モニター APM 予測モニター ログ watchdog さいごに こんにちは。メンバーシップサービス部 アカウントサービスチームの井上です。 日頃は、DMM会員の認証と顧客情報に関連するプロダクト(…

事業とPFをつなぐためのコンサル支援(他事業部コンサルグループ紹介)

はじめに 「プラットフォーム」とは? 「プラットフォーム」は技術プロダクトだけではない 他事業部コンサルチームのお仕事について 通称「たこちー」と呼ばれています たこちー業務の紹介 得られる強み シチュエーション 最後に…たこちーは「ビジネス×プラ…

GAE/Go 1.9ランタイムバージョンアップ対応

はじめに みなさんこんにちは、プラットフォーム事業本部 不正対策チームの三浦(@_Andrew_Haru)です。 2019年4月からエンジニア職に転向し、会社ではエンジニア、家では子育てパパとして奮闘中です。 育児休暇の記事はこちらです。 今回は、そんな私が対応…

ユーザを不正被害から守るためにやってること #2

1. はじめに こんにちは、プラットフォーム事業本部 不正対策チームの大江です。 ユーザを不正被害から守るためのチームで、スクラムマスターとして支援をしております。 前回はイタチごっこについての紹介がありましたが、そもそも、どうしてイタチごっこに…

ユーザを不正被害から守るためにやってること #1

1.はじめに はじめまして。プラットフォーム事業本部の寺西です。 不正対策チームでプロダクトオーナーを担当しております。 今回は、ユーザを不正被害から守るために日々戦っている不正対策チームついて紹介していきます。 1.はじめに 2.不正ってなに? 3.…

DMMアカウントサービスチームの取り組み(レイテンシ改善)

はじめに アカウントサービスチームとは 最近の課題改善 さいごに はじめに こんにちは! メンバーシップサービス部 アカウントサービスチームの今井です。 現在はアカウントサービスチームのプロダクトオーナーとして、チームが持つプロダクトの価値の最大…