DMM.comの、一番深くておもしろいトコロ。

DMM VR THEATER x 横浜!ワンピースキャラと全15スポットで写真がとれるデジタルスタンプラリー!企画者対談

DMM VR THEATER x 横浜!ワンピースキャラと全15スポットで写真がとれるデジタルスタンプラリー!企画者対談

f:id:dmminside:20180115122117j:plain

こんにちは!

DMMinside編集部です。

今回は、DMM.futureworksの企画で1月20日から始まるデジタルスタンプラリーの特集です!

DMM.futureworksからは宣伝プロデューサーの真島隆大(写真左)さん、また、企画にご協力いただいた一般社団法人 横浜西口エリアマネジメントの前原さん(中)、ソフトバンク株式会社の串馬秀信さん(右)にお越しいただき、横浜を舞台にしたONE PIECEのデジタルスタンプラリー開催に至った裏話をいろいろと伺っていきます!

皆様、本日はよろしくお願いいたします!

3人:よろしくお願いします。 

f:id:dmminside:20180115195756j:plain

今回の企画について教えてください。

質問者の写真真島

今回、『ONE PIECE ドラマティックステージ THE METAL ~追憶のマリンフォード~ 公開記念デジタルスタンプラリー in YOKOHAMA』を開催します。これは一般社団法人横浜西口エリアマネジメント様、横浜市文化観光局様とともに発案したもので、当社のVRシアターの劇場がある横浜駅西口エリアやみなとみらいエリアを舞台にしたデジタルスタンプラリーになっています。技術面ではソフトバンク様が開発された位置情報を利用した周辺情報サービス「ふらっと案内」をご提供いただきました。

どういった経緯で始まったのでしょうか?

質問者の写真真島

もともと、横浜文化観光局様と何か横浜という地域に密着した企画を一緒にやりたいと思って、1年近くいろいろなお話をしてきました。そして、横浜文化観光局様からソフトバンク様のサービスをご紹介いただき、検討が始まり、せっかくスタンプラリーをやるのであれば、VRシアターのある横浜西口エリア、カップルや家族連れで賑わうみなとみらいエリアを舞台にしたいという話になり、皆様にご協力いただいて、今回の企画が実現しました。

そもそもデジタルスタンプラリーとは何でしょうか?

デジタルスタンプラリーは、GPS(位置情報サービス)を使い、地図上のいろいろなスポットでスタンプを集め、集めたスタンプに応じて特典がもらえるものが一般的です。今回の企画では当社のサービス「ふらっと案内」を使い、スタンプを集めながら横浜の各スポットでワンピースのキャラクターたちとの写真撮影が楽しめるスタンプラリーに仕上がりました。各スポットの環境やその時の状況に応じて安定的にコンテンツを配信できる「ふらっと案内」のAR技術で実現しています。

回答者の写真串馬さん

www.softbank.jp

具体的にはどういった場所がスポットになっているのでしょうか?

横浜西口エリアだと、横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ前の銅像「水浴の女」や、横浜モアーズ前のマドロス少年の像、横浜駅みなみ西口広場などがスポットになっています。横浜駅西口だけでなく、みなとみらい地区のクイーンズスクエアにあるモニュメントやランドマークタワーのドックヤードガーデンなどもあります。こういったスポットに実際に足を運んでもらうことによって、楽しんでもらいつつ、横浜という街で新しい発見をしていただきたいなと思っています。

回答者の写真前原さん

f:id:dmminside:20180119111809j:plainf:id:dmminside:20180119111750j:plain

マドロス少年の像(左)と水浴の女の像(右)

スポットはどうやって決まったのでしょうか?

質問者の写真真島

スポットを決める際は、大きく分けて4つの軸で条件設定して考えました。一つ目は、当たり前の話ですが参加してくださる方々に楽しんでいただくこと。キャラクター達との記念撮影はもちろん、新しい発見や体験を楽しんでいただく必要があります。次に、地域活性化に結び付くこと、つまりスタンプラリー自体が地域に対して貢献できるものでなければなりません。そして三点目に、その地域に根差す施設などの運営者に対してデメリットにならず、むしろなるべくメリットの大きな企画にしなければいけません。最後に、その三点をクリアしても、技術的にスポットに設定することができなければ成立しません。今回の企画では、この4つの点を踏まえてスポットを設定しました。

お伺いする限りではかなり調整が大変そうですが、いかがでしたか?

質問者の写真真島

本来であれば、きっと膨大な時間が掛かる調整だったと思います。ただ、今回は本当に関係各所の皆様のご協力があったからこそ、恐ろしいスピードで進みました!

今回は動き始めてから2、3か月で調整が済んでいます。このようなスタンプラリー企画としては非常に速いペースで実現した事例だと思います。正直、お話がスタートした時点で時間がなかったのですが、真島さんとお会いしてみるとスピーディに動いてくださる印象を受けたので、非常に安心しました。

回答者の写真串馬さん
質問者の写真真島

ありがとうございます(笑)。 串馬さんも非常に協力的で技術的検証を定期的に行ってくださって、多大なるサポートを頂きました。横浜エリアは各施設や事業者の方々が同じ方向を向いていて、関係各所が盛り上げに対して前向きという印象です。前原さんと横浜市文化観光局の方々のお力添えもあり、一日のミーティングでほとんどの施設の担当者との調整を完了してくださり、とても驚きました。これまでDMMが行政とタイアップするということはあまりなかったと思いますが、地域の活性化につながる内容だった点に加えて、前原さんや横浜市文化観光局の皆さんが、公共の施設や事業者の方に企画を前向きにご説明くださったことで実現できたと思います。

横浜ではこういった事業者相互による地域に根差した施策の事例も多いので、地域柄ということもあるかもしれませんね。

回答者の写真前原さん

デジタルスタンプラリーの最大の良さはどういったところですか?

ユーザーにとっては、スポットになった場所を知ることでその地域を再発見できます。デジタルスタンプラリーだからこそ得られる気付きや発見というものが、紙を使ったスタンプラリーとは別の形であるのではないかと思います。

回答者の写真前原さん
質問者の写真真島

僕も横浜は小さいころから慣れ親しんでいる土地ですが、知らなかった部分をたくさん知ることができました。こんなに古くからこの建物ってあるの!? とか、こんなところにこんなものあったんだ!とか。「モクモク ワクワク ヨコハマ ヨーヨー」というモニュメントも、実はビル風を緩和する役割があるということも、今回の企画を通して知りました。

f:id:dmminside:20180119111728j:plain

モクモク ワクワク ヨコハマ ヨーヨー
 

そういう発見を通して、本スタンプラリーで遊んでいただける皆様に横浜をもっと好きになっていただけるとありがたいですね! 横浜西口には沢山の銅像がありますが、それぞれの名前や、どういった経緯で設置されたのかなどを知ることも楽しみの一つだと思います。

回答者の写真前原さん

今後、今回の企画を踏まえてどんなことをしていきたいですか?

デジタルスタンプラリーでは、どこでどのようなコンテンツを配信するかが重要だと思っています。今後は、現実世界とAR(拡張現実)とのインタラクティブ性の向上というテーマに挑戦したいです。例えば、地域にまつわるARキャラクターとの対話によって歴史を学ぶ企画など、エンターテインメントにこだわらず教育などにも応用できるのではないかと思っています。

回答者の写真串馬さん

例えば、横浜駅近くにある坂本竜馬の奥さんが働いていたお店とかで歴史を感じてもらうことなどもできそうですね! 横浜駅周辺は川に囲まれていますが、その川を周遊しながらの体験教育や、釣った魚の種類を学べる内容のものなどができたらいいですね。

回答者の写真前原さん
質問者の写真真島

DMM VR THEATERとしては、地域との繋がりを広げるチャレンジを行っていきたいです。今回の経験を生かすことで、地域や行政に対する窓口になっていけるかなとも思います。また、VR領域における研究開発は社内で進んでいますが、ARは他の企業同様にこれからという印象があるので、これを機に共同で研究開発などにもつなげられたらいいですね。

 

皆様本日はありがとうございました!

 

ONE PIECE ドラマティックステージ THE METAL ~追憶のマリンフォード~ 公開記念デジタルスタンプラリー in YOKOHAMAは1月20日から2月25日まで開催しています!

ぜひ足を運んで、横浜の魅力を楽しんでください!

以上、DMMinside編集部でした!

 

■ONE PIECE ドラマティックステージ THE METAL ~追憶のマリンフォード~公開記念

デジタルスタンプラリー in YOKOHAMA 開催概要

 

 開催期間:

           2018年1月20日(土) ~ 2018年2月25日(日)

    ※毎週火曜日は休館日のため、景品交換は行っておりません。

    ※スポットによっては施設の入場時間により制限がある場合がございます。

 

参加方法:

今回は、ソフトバンク株式会社の協力のもと、同社が提供するスマートフォンアプリ「ふらっと案内」を使用してラリーを実施します。 お手持ちのスマートフォンにアプリをダウンロード・インストールしたうえ、 メイン画面のリスト内にある「ONE PIECEデジタルラリーin横浜」 からラリーに参加します。アプリに掲載された案内をもとにポイントを巡り、ARキャラクターを撮 影してスタンプを集めて、「DMM VR THEATER」にてアプリを提示することで限定ノベルティや公演チケットが当たる抽選に参加することが出来ます。

  ※歩きながらのスマートフォン使用は危険ですのでご遠慮下さい。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

vr-theater.dmm.com

 主催:株式会社DMM.futureworks
 共催:一般社団法人横浜西口エリアマネジメント(事務局:㈱相鉄ビルマネジメント等)
(横浜駅西口エリアのスタンプラリースポットの調整、告知協力等)
 後援:横浜市文化観光局
(みなとみらいエリアのスタンプラリースポットの調整、告知協力等)
 協力:東映アニメーション株式会社 
    ソフトバンク株式会社