DMM.comの、一番深くておもしろいトコロ。

DMMにおけるビッグデータ活用の事例紹介!Presto x Golang x Docker を用いたセグメントバナー施策とは?

DMMにおけるビッグデータ活用の事例紹介!Presto x Golang x Docker を用いたセグメントバナー施策とは?

f:id:dmminside:20170831180443p:plain

はじめに

こんにちは! DMM.com Labo ビッグデータ部の 吉田 です。

2017年3月28日(火) に開催されたレバレジーズ株式会社主催の ヒカ☆ラボ で登壇してきました。

今回は、そこで発表した内容を資料公開も含めて報告させて頂ければと思います!

どんな内容だったか?

タイトルはこちら。

ビッグデータを使ってバナーを動的表示させたらコンバージョンが 350% 増加した話

atnd.org

弊社ビッグデータ部では、1日あたり2億レコード以上の DMM.com 上でのユーザーの行動ログを中心に、 会員データや、各サービスのコンテンツ情報、地域情報のようなオープンデータを収集し、 データドリブンマーケティングやマーケティングオートメーションに活用しています。

今回の発表は、それらのビッグデータを活用し、DMM GAMES で効果が出た施策に対して、 「どのようにシステム側からアプローチしたか?」についての内容となっております。

主に説明したシステムが以下の通りで、開発してきた中での工夫した点やハマりどころなども紹介させて頂きました!

  • Golang x Presto を用いたビッグデータの高速集計処理
  • Docker を利用した Blue-Green Deployment

登壇資料

当日ご参加いただい方もそうでない方も、是非ご覧いただければと思います。

所感

今回の発表で、弊社ビッグデータ部での取り組みを伝えられたのと同時に、

私自身もヒカ☆ラボを通して、開発するのとはまた違った “伝えることの難しさ” を学ぶことが出来ました。

今後も対外的に DMM.com ビッグデータ部での取り組みを媒体を問わず発信していけたらなと考えております( ・`д・´)!

f:id:dmmlabotech:20170405194512j:plain

さいごに

そんなビッグデータ部の加嵜が登壇する勉強会も4月24日に開催予定です!

本日時点で Amazon 情報学・情報科学全般関連書籍 の 売れ筋ランキングで1位となっている加嵜の共著本 「ビッグデータ分析・活用のためのSQLレシピ」に絡めた内容となっておりますのでお楽しみに! atnd.org

また、弊社ビッグデータ部は人員が不足しております(´・ω・`)

少しでもご興味のある方は、是非採用ページをご覧になってみて下さい。

dmm-corp.com