DMM.comの、一番深くておもしろいトコロ。

今日からスタート! 「DMM.com Advent Calendar」はこうして生まれた

今日からスタート! 「DMM.com Advent Calendar」はこうして生まれた

f:id:dmmlabotech:20171204185730p:plain

 

こんにちは、技術広報の木下です。
いよいよ12月! 今回は、プログラマー向け情報共有サービス「Qiita(キータ)」で今日12月1日からスタートした
DMM.com Advent CAlendar #1#2』 の誕生の経緯についてご紹介したいと思います。 

◆ Advent Calendarって何?

12月1日からクリスマスイブの24日まで、クリスマスを待ちわびながらカウントダウンをして、毎日一つずつ窓を開けていく「 Advent CAlendar(アドベントカレンダー)」。
窓をめくるとお菓子が出てくるものをイメージされる方が多いのではないのでしょうか?

Qiitaはプログラミングに特化したサービス。QiitaのAdvent Calendarではプログラミングをはじめとした様々な技術の話がたっぷり読めるんようになっています。

そんなQiitaのAdvent CalendarにDMMが初めてチャレンジすることになりました。 

◆ 経緯

一言で表現すると、爆誕
DMMには社員が自由にアイディアを書き込める掲示板があり、とあるエンジニアの「AdventCalendarを作りませんか?」というある日の書き込みがことの始まりでした。

f:id:dmmlabotech:20171130121409p:plain

 通常、掲示板に書かれたアイディアは上層部で検討されることが多いのですが、
この書き込みの直後にSlackのとあるチャンネルに動きが!

f:id:dmmlabotech:20171130122022p:plain

「このアイデア、議論してもらわなくても有志で始めてしまっていいようにも思えますが……」


「作っちゃいました!!!」

この間、約25分!

DMM.com #1 Advent Calendar 2017 - Qiita まさに爆誕!

 

しかし、話はここでは終わりません。

 

f:id:dmmlabotech:20171130132857p:plain

 カレンダーができて約1時間。

 

f:id:dmmlabotech:20171130124229p:plain

1ヶ月のカレンダー=25枠が埋まりました!
そのあと2つ目のカレンダーが登場するも翌日の夜には全日投稿予定が入りました。

◆ なんでもやってるDMMのいろんな技術を詰め込んだカレンダーに

DMMは約40のサービスを展開しており、開発を担うDMM.comラボには約600人の開発メンバーが所属しています。
その規模で考えると25日×2の枠があっという間に埋まってしまうのも、納得!?

DMM.comのAdvent Calendarは部門を超え、様々な業務に携わる技術者がエントリーしており、記事の内容も多岐にわたる予感!
かくいう私もエントリーしています。

どんな記事が出てくるか、開けてみなければ分からない! ワクワクドキドキ。
クリスマスまでの間、じっくりとお付き合いいただければと思います!

DMM.com #1 Advent Calendar 2017 - Qiita

DMM.com #2 Advent Calendar 2017 - Qiita 

  DMM.com #1 DMM.com #2
12月1日 DMM.com Advent Calendarが生まれた経緯 英語苦手なデザイナーにSlack使わせた話
12月2日 Octaveで回帰分析 エンジニアでも知っておきたい実装時のデザインのこと
12月3日 書いたブログを多くの人に読んでもらうために気をつけたい3つのこと! 遠隔地をつないで、ユーザーフロー可視化のファシリテーションをした話
12月4日 自分が入社してからのフロントエンドの変遷をつらつらと書きなぐる SPAを導入する際に必要だったSEO対策についての話 -SSR? Prerendering?-
12月5日 Google Homeで作ったスマートホームを自慢したい男たち DMMキーボード調査と自作について触れる件 
12月6日 JuniperのQFX10kの仮想環境に触れる PHPサーバーサイド速度改善のアプローチ
12月7日 【Kaggle】メルカリのコンペに出してみました EthereumはBitcoinと何が違うのか
12月8日 社内勉強会を運営してみてわかった勉強会成功の3つのコツ! Terraformにおけるクロスアカウント構成なモジュール
12月9日 新規開発におけるElastic Beanstalkという選択 AWS Lambda in VPC
12月10日 良いモノを創る為にチームビルドを頑張る話 ECSSをがんばって使ってみた話
12月11日 ElasticbeanstalkのMulti-container Dockerを使ったら便利だった話 チームで行うReact Componentの設計
12月12日 GitHubでのプルリクエスト運用を加速するためにプルリくんというBotを作った話 中国のクラウドで金盾体験