DMM.comの、一番深くておもしろいトコロ。

就活生向け DMM GAMES プラットフォーム職の紹介

就活生向け DMM GAMES プラットフォーム職の紹介

f:id:dmminside:20180207151003p:plain

はじめまして! DMM GAMESのプラットフォーム開発本部エンジニア、16年新卒の榎本です。

ゲーム事業部のPFシステム部の新卒採用が始まったのは16年からで、私たちが初めての新卒採用でした。

そのため他のサービスと比べると、就活生たちの間でも「ゲームのプラットフォームって何?」とか「どんなことやってるの?」といった疑問があり、プラットフォーム職はそもそもゲーム開発職などより知名度が低いのではないかなと思います。

そこで今回は、現在の一日の流れ、そして研修を終えて配属されてからどんなことを学んだか、そして自分が感じているプラットフォーム職の魅力などを紹介したいと思います。

f:id:dmmlabotech:20170626174414j:plain:w400

一日の流れ

f:id:dmmlabotech:20170224110423p:plain 私のある一日の流れです。始業時間は10:00です。朝が弱いのでありがたいです!

まず朝会です。これは自分の所属しているグループで行う、進捗や今日の予定などを共有する会です。

それが終われば自分の仕事に入ります。私の場合は、主にDMM GAMESのサイトの改良や新規機能などのPHPの案件を1~2週間のスケジューリングで行っていくような業務です。周囲からのアドバイスも受けながらリリースできるように完成させていきます。

11:00から始まるのが所属するグループでの週次ミーティングです。
ここ一週間でのグループでの進捗や、グループリーダー会議で決まったことなどの共有があります。時間が余った時には、リーダーが技術に関するTipsなどのミニ講義をしてくれたりもして、とても勉強になっています!

お昼休みは12:00から15:00までの間で一時間とっていいことになっています。 およそ一年前にオフィスの六本木への引っ越しがあり、ランチ価格の高騰を心配していたのですが、安いうどん屋さんを見つけて事なきを得ました。

お昼が終わると、またコーディングに戻ります。
案件によっては他のグループと一緒に仕事をすることがあり、そんな場合は一日の進捗や予定などを共有するために夕会を行ったりもします。
DMM GAMESのプラットフォーム(サイト)はコード的にもページ数的にもとても大きく、グループや個人によって知っている仕組みや慣れている部分が違います。他グループと仕事をすることでノウハウや仕様書外の事情なども聞くことができて、それも勉強になります。

終業の定時は19:00です。時々残業もしますが、最近はほとんどすぐに帰ります。素晴らしい!

配属後の研修

次は配属されてからどんなことを学んだかです。 まず4月に入社してから、7月の半ばまではDMM.com Labo のシステム(技術職)で就職した人全体での研修を受けていました。そこでの当時の様子はこちらの記事が詳しいです。 labotech.dmm.com

そして全体研修が終わった後は、いよいよ配属先で実際の業務に使う技術を学んでいます。

私のいるオンラインゲーム事業部のPFシステム部ではPHP、JavaScriptを初歩から学びました。
実際に小さなWebサイトを作ってみて、逐次上長のレビューを受け、より良いコーディング方法やテクニックを学んで行く形式です。 そのような研修を、トータルで1ヶ月くらい行いました。

研修長くないか!?と思う方もいらっしゃると思います。
それもそのはず、私はWeb開発において、「ド」が3個くらいつくド素人だったのです。

プラットフォーム職の魅力

実は、私は学生時代は他分野の研究を行っており、ゲームプラットフォームの研究はしていませんでした。
しかし、それは多くの人が同様だと思います(笑)。

学生時代の研究ではPythonを使っており、PHPやMySQL、JavaScriptもほとんど触ったことがありませんでした。

そんな自分がなぜこの会社のオンラインゲームのPFシステム部に入ったかと、ひと言で言うと DMM GAMESのコンテンツが好きだったからです。
もともとゲームが好きで、DMMの「艦これ」や「とうらぶ」、「アイギス」もよく遊んでいました。

上述のとおり、ゲーム作成の勉強をしてきたわけではなかったので就活時はどんな職に就こうか悩んでいましたが、そんな時に説明会でゲームのPF職の募集を見て、ゲームを作成する仕事だけではなく、ゲームをユーザーに届ける仕事もあるんだと知りました。

もともと意識せず使っていたブラウザゲームの配信画面や、1つのアカウントで複数のゲームを遊ぶことができる認証機能、そして同じく複数のゲームでポイントを共通で使えるシステムなども誰かが用意をしていて、それらがあるからブラウザでゲームが遊べているんだとそこで思ったのです。

そしてコンテンツをユーザーに届ける手伝いができて、いろいろな作品に関われたら面白そうだなと思い入社を決めました。
また入社してからは、ユーザーにもっとゲームを楽しんでいただけるようなコミュニティ機能(SNS機能)や、ゲームのレコメンド機能、SPのアプリやPCのネイティブゲーム、海外向けのプラットフォームなどもあることを知って、奥が深いなーと日々感じています。

最初はプラットフォームについて全くの素人な私でしたが、研修と身の丈にあった案件で勉強しながら進めていき、ここまで成長できたと実感できています。
2年目となる現在では、アクセス数の多いトップページや、実際にゲームを遊んでいただくページのリファクタ作業なども行うようになりました。 安定的にコンテンツを提供するための仕組みや工夫を学び、それを考えながら実現していく仕事にはやりがいがあります。
もちろん、ゲームに携わる機能を開発したり、
ユーザーに実際に使ってもらっている様子を見たりできるのも嬉しいです!

f:id:dmmlabotech:20170626180016j:plain:w400




長々と書きましたが、以上になります。 迷っている就活生の方や、プラットフォームのことを特に意識したことがなかった就活生の方々も、こんな職もあるのかと伝えることができていれば幸いです。