DMM.comの、一番深くておもしろいトコロ。

CASHのBANK, Incに聞いたサービス開発で大切なこと。

CASHのBANK, Incに聞いたサービス開発で大切なこと。

サービス0→1勉強会vol.02

こんにちは! DMMの人事部のスズアヤです。
DMMでは、デザイナーが自発的に企画&開催する勉強会がたくさん行われています。そのなかのひとつ『サービス0→1勉強会』は、「デザイナーやエンジニアなどの開発メンバーが中心となって新規サービスを立ち上げたい」という想いを形にしていくための勉強会です。

発起人は、DMMのCDO室のクリエイティブディレクター・光岡いさお

光岡いさお

vol.02となる今回は、昨年の11月にDMMのグループ会社になったCASHを運営するBANKと座談会形式でディスカッションしました。サービスの立ち上げに興味のあるエンジニア、デザイナー、ディレクターなどDMMとBANKから60名以上の社員が参加しました。お酒を飲みながらリラックスした雰囲気です♬

f:id:dmmlabotech:20180322171724p:plain

CASHについて
自分が保有するあらゆるアイテムを瞬間的にキャッシュに変えることができるアプリ。
アプリを立ち上げて保有するアイテムをキャッシュに変えるまでに要する時間は数秒。
面倒なやりとりも不要で、送付手段も簡単です。
https://cash.jp/

BANKの登壇者
創業メンバーであるデザイナーの河原さんにお声がけさせていただき、各分野のスペシャリストの皆さんにお越しいただきました。高速で良いプロダクトをつくるために、専門分野を持ちながら「なんでもやる!」というマインドをとても大切にしている様子が刺激になりました。新サービス開発でお忙しいなかありがとうございました。

f:id:dmmlabotech:20180322172329p:plain

DMMの登壇者
スクラムマスター経験者のエンジニア、DMMの基盤となるプラットフォーム事業部のデザイナー、横断組織のUXデザイナーなど、サービスの新規開発やグロースハックに従事しているメンバーが参加しました。会社規模が大きくなってきたDMMだからこそ、少数精鋭で魅力的なプロダクトを作っているBANKに興味津々です。

f:id:dmmlabotech:20180322172411p:plain

CASHのサービス0→1のポイント
ディスカッションは盛り上がって、少し時間オーバー。そんなあっという間の約2時間の勉強会のほんの一部をご紹介いたします。
・やってみないとわからない!
・プロトタイプを爆速で作る!
・オペレーションマネージャーの仕事!

やってみないとわからない!

f:id:dmmlabotech:20180322172450p:plain

DMMアイコン CASHのアイデアはどのように生まれましたか?

DMMアイコン 代表の光本の「お金をばらまくサービスを作りたい!」という想いから生まれました。でも、ただお金をばらまくわけにはいかないので、身の回りにあるアイテムを写真に撮って送ってもらい引き換えにお金を配ることにしました。世の中には少額のお金を必要としている人がたくさんいるけど、現在の貸金などは与信がきびしい。そして借りるほどではない。そういうひとのニーズを満たしたい! ということから生まれたサービスです。

DMMアイコン ビジネスとして成り立つ計画でしたか?
DMMアイコン はい! ユーザは必ずアイテムを送ってくれると性善説に立ってサービスをスタートさせました。予想より多くの取引がありサービスを停止している間に1日分の利用データを見てみると、大半のユーザがアイテムを送ってくれていました。現在の運用開発もそうですが、「やってみないとわからない!」というスタンスがBANKにはあります。
DMMアイコン「やってみないとわからない!」と言われた時に、BANKのメンバー皆さんが頷いていました。新しいサービスは特にそうですが、代表とメンバーが同じ想いを持ってサービス開発することが大切ですね。

プロトタイプを爆速で作る!

f:id:dmmlabotech:20180322172633p:plain

DMMアイコン サービス開発はどのように進めていますか?

DMMアイコン BANKには「少額の資金ニーズを満たしていきたい」というテーマがあり、それに沿った新しいサービスを展開しています。現状は、代表の光本がアイデア出し、デザイナーの河原がデザインモックに落として、イメージがしやすい状態にして、エンジニアに共有する流れですね。サービスに対しての意思決定は光本が行うという環境ではありますが、チーム内で開発に携わっているメンバー全員で話し合って内容を固めていきます。

DMMアイコン エンジニアの方がデータ分析するとお聞きしましたが、役割分担はありますか?

DMMアイコン 初期段階でメンバーが6人しかいなかったので、経営判断をするうえで必要な数字の分析などもエンジニアがやっていました。それもあって、エンジニアが現状の数字の状況判断をして、それを開発に生かしていくことができました。コードも書きつつ、アナリティクス的なこともやっていました。売り上げについても、アイテムがどのくらい売れているのかという状況についてもエンジニアが見ていました。

DMMアイコン サービス開発で大切にされていることは何ですか?
DMMアイコン とりあえず「つくってみる!」文化ですね。デザイナーや、エンジニアはスピードを意識することが重要だと思います。デザイナーがつくったデザインモックがあがってきたら、エンジニアはプロトタイプを爆速でつくる。とりあえずつくってみて、検証するということは意識してやっています。
DMMアイコン ビジネスアイデアを素早く共有し検証するために、デザイナーとエンジニアが爆速でプロトタイプをつくることは、アプリサービスが溢れている時代では必須ですね。また、つくることだけでなく一人一人が売上を意識することで共通課題を持てるんですね。

オペレーションマネージャーのお仕事!

f:id:dmmlabotech:20180322172722p:plain

DMMアイコン DMMにはない職種なのですが、オペレーションマネージャーってどんな仕事ですか?

DMMアイコン デザインやシステム開発、ビジネスサイド以外でアプリに関わることはひと通りやるチームのマネージャーです。できたばかりのチームなのですが、管理だけではなく、ユーザからのお問い合わせ対応、Q&Aの整備、アプリの品質保証、ちょっとした改修を行っています。現在7名のメンバーがもうすぐ9名になるところで、幅広くサービス改善のためになんでもやっていきます。

DMMアイコン チームのKPIはなんですか?

DMMアイコン 今はファーストレスポンスタイム(初回返答までの時間)ですね。土日を含めたファーストレスポンスタイムで、平日では1時間以内の返答時間を見ています。現状ではほぼほぼ1時間以内には返せています。これについては、早く返せれば返せるほどユーザーの満足度が高まると思っているので、対応品質を維持しつつも早さを追求していきたいですね。それにプラスして、CASHはそもそも分かりやすいサービスなので、お問い合わせ自体を減らせるようにチームで取り組んでいます。

DMMアイコン ユーザを中心としたサービス設計には、プロダクトでの体験だけではなくお問い合わせ対応もとても大切ですね。また、文言の一部は、データベースで管理しておりすぐに変更しているとのこと。幅広くなんでもやることで、サービス改善が高速化されるのかなと感じました。

最後に

f:id:dmmlabotech:20180322172805p:plain

勉強会の後は、リラックスモードで交流会を行いました。会社の規模は違っても、普段抱えている課題は共通する部分も多いように感じました。最後に「70億(※DMMがBANKを買収した際の金額)は何に使うのですか?」と質問させていただくと、「新サービスを開発しています!」とのこと。「とにかくやってみる」「爆速で検証する」「ユーザへのクイックレスポンス」……どれも単純だけど、徹底的にやり続けるには、ビジョンの共有が大切なのですかね。BANKの皆さんはとてもイキイキされていたのが印象的に映った1日でした。

『サービス0→1勉強会』では、早くも企画メンバーで第三弾を企画中!
勉強会を共同開催したい方はお気軽にお声がけくださいませ。
こちらinsideもまた勉強会情報を発信していきますので、どうぞお楽しみに!

採用情報

DMM.com Groupでは一緒に働く仲間を募集しています!
少しでも興味を持っていただいたあなたのエントリーをお待ちしております!

DMM.com Group
DMM.com Group中途採用情報はこちらから

BANK, Inc
BANK,Inc中途採用情報はこちらから