DMM.comの、一番深くておもしろいトコロ。

DMM WEBCAMP エンジニアサロン定例会スタート!

DMM WEBCAMP エンジニアサロン定例会スタート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2月1日、DMMのセミナールームにて「DMM WEBCAMP 第一回エンジニアサロン定例会」が行われました。2018年11月にDMM.comグループにジョインした「インフラトップ」はWEBCAMP PROという転職成功率98%のプログラミングスクールを運営しています。2月にDMM WEBCAMPに名称変更し、今回がDMMとの協働での初めてのイベントとなりました。

 

f:id:dmminside:20190225104216p:plain

 

このサロンは、DMM WEBCAMPを経てエンジニアに転職した卒業生とメンターで構成されているエンジニアコミュニティで、エンジニア同士の情報交換や交流を目的として始まりました。今回集まったのは50名の卒業生たちからなるサロンメンバー。卒業生たちは今、様々な企業で第一線にてエンジニアとして活躍を始めています。

f:id:dmminside:20190225104336j:plain

熱く真剣な眼差しの卒業生たち。サロンの熱気が伝わってきます。

 

当日はまず、インフラトップ代表取締役/CEOの大島礼領(あやのぶ)より、DMM WEBCAMP開校の想いや、今回のサロン立ち上げについての説明から。


大島)「自分の人生を良くしたい、でも、なかなかその一歩を踏み出せない。そんな人たちの願いを形にしていくのがDMM WEBCAMPのミッションだと考えています。卒業生のなかには異業種からエンジニアになり、転職している人が多くいます。カルチャーや仕事の進め方における前職との違いなどでギャップを感じたり、不安になったりした時に、その悩みを共有したり、仲間を探したりしながら思いを形にできる場を提供できれば、と願って今回のサロンをスタートしました」

 

 その後、前職GunosyでのCTOとしてのキャリアを経て、現DMM.com CTOの松本勇気。加えてスペシャルゲストのdely CTOの大竹雅登氏が登壇し、集まった卒業生の前での生トークが繰り広げられました。エンジニアとして、CTOとして、キャリア形成やスキルアップの秘訣について、卒業生へのメッセージが送られます。

 

f:id:dmminside:20190225104552j:plain

マイクと飲み物を手に、肩肘張らない本音トークが繰り広げられています。

松本)「僕がプログラミングを始めたのは大学3年生の時。プログラミングの世界に限らず、今は検索するキーワードさえわかれば、どんどん自分で学んでいける時代。Gunosy創業時にも、あれやこれが必要となって、その目的意識をベースにちょっとずつ知識の地図を広げていった。知識を広げる時には、特定の道標が必要で、その学習の方向性を正しく見据えることが大事。毎年様々な技術が登場・流行していくプログラミングの世界で、しっかりと自分の道標を持ってキャリアを築いていってほしいですね。」

 

大竹)「自分がプログラミングを始めたのは18歳の時。当時はWEBなんてのはなかったので、図書館の本を写経していました。授業が終わったらすぐに図書館に行って写経。完全に独学でした。コードを書いて、実際にそのとおりに動くまで続ける。その基本動作を繰り返していくなかで、半年で最初のアプリを作りました。そのアプリは「餅をつくゲーム」でした(笑)。プログラミングの知識を深めていくには、『環境』から作るか『インプット』から作るか、2つのやり方があると思うけど、僕は『環境』から作っていくタイプ。今もYoutuber(※下記リンク)を始めていて、とにかく毎日動画を更新するぞ、半年で1万人登録まで行くぞと決めてしまったうえで取り組んでいたりします」

大竹雅登:1600万DL突破のレシピ動画サービス「クラシル」を運営するdelyでCTO。2017年にCTO of the year受賞。18歳でプログラミングを始めてインドとシリコンバレーでインターンを経験。20歳でdelyを共同創業。2度の事業撤退を経て、2016年にクラシルをリリース。www.youtube.com 

 

その後もパネルトークでは、松本・大竹両CTOからエンジニアとしてのスキルを高めていくためのティップスがいくつも公開されました。

 

懇親会では、憧れの選手と「1対1」でビデオ通話できるサービス『vibes.』の開発を手掛ける大越心司さんにも感想を伺うことができました。

f:id:dmminside:20190227110042p:plain

写真左、大越さん(右はDMM.com松本CTO)

 

大越)「松本さんも大竹さんもエンジニアとして憧れの存在。お二人ともプロダクトを世に送り出すことによって、エンジニアとしてのキャリアを高めてこられた。自分も目標とする二人の話が聞けてよかった。DMM WEBCAMPは人の温かみがあるスクール。今後もこうしてサロンの卒業生のコミュニティが大きくなっていったらいいなと思います」

 

DMM WEBCAMPエンジニアサロンは、今後も定期的に開催予定。エンジニアの皆さんと卒業生の交流なども積極的に行っていくとのことなので、ぜひご注目のほどよろしくお願いします!

これからエンジニアとしてゼロからチャレンジしてみたい皆さんは、転職までを一気にサポートする「DMM WEBCAMP」にご注目ください!

 

web-camp.io