DMM.comの、一番深くておもしろいトコロ。

Google I/O 2019 参加レポート

Google I/O 2019 参加レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

f:id:mmorimoto:20190524102520j:plain


こんにちは。life+事業部のエンジニアの守本です。
栄養バランスの整った献立を簡単に提案してくれる「MENUS」というアプリを開発しています。

今年もGoogleの年次イベント「Google I/O」が 5/7(火) 〜 5/9(木)にアメリカのShorelineAmphitheatreで開催されました。一昨年昨年と弊社からエンジニアが参加しており、自分も行ってみたい!と思っていたところ運良くチケットの抽選に当選したため、弊社の海外カンファレンス支援制度を利用して参加してきました。

セッションについてはすでに動画や様々な報告会で共有がされているので、今回は主にイベントで受けたアプリレビューについてレポートさせていただきます。

 

Google I/O のオフィスアワー・レビュー

GoogleI/Oではセッションも充実していますが、同じくらいオフィスアワーやレビューの時間が用意されています。オフィスアワーではGoogleの提供しているサービスの技術的な質問やディスカッションをすることができ、レビューは自分が作成しているサービスの設計や実装、テストをはじめデザインやグロースまで幅広い内容を相談することができます。
オフィスアワーは1回15分、レビューは1回30分で、GoogleI/Oのアプリから自分の好きな時間を選んで予約しておくことができますが、セッションの合間や昼間などの時間帯は席を取ることができないほど人気です。 

f:id:mmorimoto:20190522190706j:plain

かなり細分化されているので、自分の聞きたい分野のエキスパートに会うことができます

 

レビューにあたって準備したもの

限られた時間を有効に使うために、質問を書いたdocsを用意しました。 質問内容だけでなく、MENUSのアプリは日本語にしか対応していないため、このアプリがどのようなアプリであるかの簡単な説明も記載しました。英文としては間違っている部分もあると思いますが、ざっと見て全体を把握してもらえるため用意しておいて良かったです。また、ありがたいことに日本人Googlerの方にコミュニケーションのサポートを引き受けていただくことができました。

 

いざレビューへ

受付でチェックインを済ませると番号を書いた紙を渡されるので、その番号の席に行くとレビューが始まります。レビュー時は紙を使って図を描いてくれます。質問と回答内容を2つほど紹介させていただきます。

f:id:mmorimoto:20190522195902j:plain
f:id:mmorimoto:20190522185036j:plain
右が実際に説明時に描いてくれたもの

 

Q. ボトムナビゲーションを採用していて「ホーム(献立閲覧・検索)」「買い物メモ」「お気に入り」「コラム」「マイページ」という並びにしているのですが、「お気に入り」はボトムナビゲーションに置くほどのトップレベルの要素とは言えないのではと思うこともあります。どう思いますか?

A. 初めて訪れたユーザーにこういう機能があると即座に知ってもらうためにボトムナビゲーションはとても良いパーツで、機能のレベルを揃えても良いが、「お気に入り」などヘビーユーザーにとって必須になるだろう機能については場所を専有しても良いと考える逆に、「コラム」についてはボトムナビゲーションにある必要があるかな?と思った。ボトムナビゲーションから「コラム」はなくして、「ホーム(献立閲覧・検索)」の献立の中に記事を混ぜたりしてもおもしろいかもしれない。「コラム」がユーザーにとってとても重要な機能だったら別だけどね ;)

私自身はボトムナビゲーションに配置するものは機能としてのレベルが合っていないといけないと思っていたので、なるほどそう考えても良いのだなと思いました。開発をしているとどうしても機能の大小を意識してしまい、揃えないとガイドラインに沿っておらず良くない、というような思考になりがちだったのですが、訪れるユーザーにより使ってもらえる機能かどうかという点を基準として持つべきだなと思いました。

また、コラムをタブから無くしても良いのではという意見も、アプリの機能から考えるとスッキリして良さそうですが、チームで相談して考えていきたいと思います ;)

 

f:id:mmorimoto:20190524135535p:plain

左:コラムを削除してみたMENUS 右:現在のMENUS

また、「ホーム」では下記のような意見もいただきました。

検索のボタンがちょっとわかりにくいかもしれない。虫眼鏡の持ち手部分をちょっと長くするだけでも検索とわかりやすいと思う 

今のMENUSの検索アイコンはかなり持ち手が短めになっています。持ち手が短い検索アイコンはTwitterなども同じなのですが、MENUSの場合フローティングアクションボタンに検索アイコンを乗せているため、丸の部分が強調されているように見えます。細かい部分ですが、確かに、ここから検索ができるということが十分に伝わっていない可能性がありそうです。

こちらは、すぐに取り入れて持ち手を長くすることになりました :)

 

f:id:mmorimoto:20190524153939p:plain

左:持ち手の長いアイコン 右:現在のアイコン

 

Q. Googleは世界中から多くのレビューを受けていますが、それらを製品に反映させるかどうかの指標があれば教えてください。私たちもユーザーの意見をもらいますが、どのような意見を反映させるべきか迷っています。

A. 例えば、色の組み合わせによってユーザーに誤操作を引き起こすなど、大きな不利益をもたらすレビューであれば即時対応する。レビューの分類をして割合なども見ているが、ユーザーを呼んで一定期間(一週間や、それ以上のこともある)追跡する調査等、実地調査を行ってから反映する。レビューはフィードバックの一部なので、あまりそれだけにとらわれないほうが良いと思う

MENUSチームではユーザーインタビューも行っていますが、主にストアからのレビューやデータから仮説を立てて実装、というサイクルで改善を行っています。レビューはフィードバックの一部、という言葉を聞いて、比重がレビューに偏っているのかもなと思いました。Googleのような膨大な調査は行えないかもしれませんが、もっと実際のユーザーとの接点を増やすことでまた違う視点が生まれるかもしれません。

 

レビューを終えてみて

終始フレンドリーに答えてくださりとてもありがたかったです。質問全体を通して、ユーザーの目線で考えること以上にユーザーと直接対話し観察をすることが重要なのだなと改めて思いました。

ちなみにレビュー後に知ったのですが、今回のアプリレビューを担当してくださった方はGoogleのマテリアルデザイン、UXのトップであるRich Fulcherさんだったようです。本当に社をあげてのイベントなのだなと実感したと同時に、セッション以外でのこのような体験もカンファレンスに参加する醍醐味だなと感じました。

 

最後に

セッションでは、オンデバイスML、新しいAndroidStudio及び開発ツールのセッションが特に興味深かったです。IT環境がまだまだ発展しきっていない地域で利用している方がより使いやすくなるためのアプローチを優先して続けていく、というメッセージが発信されているように感じました。これらの機能は私たちにもよりフレンドリーな環境を提供してくれることになるため、積極的に活用していきたいです。

What's New in Android Development Tools (Google I/O'19) - YouTube

Machine Learning on Your Device: The Options (Google I/O'19) - YouTube 

初参加ということと、今年は会社からの参加は1人ということで不安も多くありましたが、勉強会で知り合ったエンジニアの方々に現地でたくさん助けていただき、楽しむことができました。頂いたレビューはもちろんセッションも見直し、これからの開発に活かしていきたいと思います。

f:id:mmorimoto:20190521202207j:plain

ありがとうございました

 

採用情報 

DMM.comでは共に働くエンジニアを募集しています。 興味のある方は、ぜひ下記募集ページをご確認ください。

 

dmm-corp.com