DMM.comの、一番深くておもしろいトコロ。

多様性を楽しむクリエイター組織へ──渡辺CTOと大久保VPoEが志向する、理想のテックチームとは

多様性を楽しむクリエイター組織へ──渡辺CTOと大久保VPoEが志向する、理想のテックチームとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

2021年3月、DMMグループは開発組織の体制を刷新。CTO(最高技術責任者)に渡辺繁幸が、VPoE(Vice President of Engineering)に大久保寛が就任し、2頭体制でDMMグループのエンジニア組織を牽引していくことが発表されました。

なぜ2頭体制なのか。これからどんな方向性で、何をしていくのか。

DMMテックチームの現在地と今後について、2人が語ります。

f:id:dmminside:20210414152521j:plain

 

体制が変わっても、やることは変わらない

── 今回、単なるCTOの変更に留まらず、2トップへの「体制変更」まで行った狙いは、どういった点にあるのでしょうか?

 

f:id:dmminside:20210414152621j:plain

大久保寛(おおくぼ・ひろし) VPoE(Vice President of Engineering)

新卒でSIerに6年勤務。その後、2005年にカカクコムへ入社し、約12年の在籍期間でエンジニアとして同社が運営するサービスをほぼ経験、事業責任者や子会社CTOを歴任。その後、メディア系ベンチャーにてCTOとCFOを兼務。2019年より合同会社DMM.comに参画。

 

大久保:前CTOのときからの話になりますが、ここ数年でCTOの社内での管掌領域がどんどん拡がってきていた、という状況がまずあります。事業数も次々と増えていく中で、やはり1人で見れる範囲には限界があるよね、と話していたタイミングでした。

 

渡辺:これから更に守備範囲が拡がったとしても、開発組織のトップとしての意思決定の精度やスピード感は、落とさないようにしたい。そのための2頭体制です。タイミングがCTOの変更と重なったのは、たまたまですね(笑)

 

f:id:dmminside:20210414152730j:plain

渡辺繁幸(わたなべ・しげゆき) CTO

2020年8月まで株式会社アイスタイルでは約10年をVP及びCTOとして牽引。美容系情報サービス@cosmeを軸にECや実店舗、また海外事業など開発に関わるすべてで統括し、自らも企画や設計など幅広く従事。それまでの事業会社においても、その全てでCTOとして事業を推進。2021年3月、DMM.comのCTOに就任。

 

── 拡がった守備範囲を、どのような線引きで役割分担をされていくのでしょうか?

大久保:大まかにいうと、「人・制度」の領域が大久保で、「プロダクト・サービス」の領域が渡辺になっていきます。DMMの開発組織にはどういう人が必要なのか、彼らにどんな成長をして欲しいのか、そのためにどんな制度が必要なのか、といったことを私は主に考えていきます。


渡辺:大久保が考えた人や制度をもとに、どんなプロダクト・サービスを、どうやって作っていくべきなのか、ということを突き詰めていくのが私の役割です。ただ、あまりそういった線引きにはこだわりすぎず、柔軟に連携しながら進めていきたいなと思っています。

 

── 新しい体制として、直近は何に注力される予定ですか?

渡辺:まず、これまで培ってきたものを何か大きく変えるつもりはありません。前CTOの元、正しい方向性で、正しい技術的挑戦をしてきていると認識しています。なので、基本的な部分は特に変えずに、引き続きやっていきたいと思っています。

 

大久保:とはいえ、新しいことを全く何もやらないわけでもありません。これまでの方向性を踏襲しながらも「社員が本気で失敗できる環境づくり」には、渡辺と一緒により力を入れて取り組みたいと思っています。

 

「失敗」の本質を探っていく

f:id:dmminside:20210414152840j:plain

 

大久保:「失敗できる環境づくり」というテーマで渡辺と最近よく話すのは、「人」のことなんです。制度や環境のことより、その手前の議論として「社員1人1人がまずどうあるべきか」ということをよく会話しています。

 

渡辺:DMMのこれまでの挑戦や失敗を検証していくと、「人に起因する部分」が少なからずあると思っていて。もっと言うと、人が人と仕事をしていく上で必要な「コミュニケーション上の課題」が根底にある気がしています。

 

大久保:これは特定の個人やチームの話ではなくて、僕たちって構造的にこんな課題を抱えているよね、という全体論の話です。新しい挑戦による新しい失敗は大歓迎なんですけど、コミュニケーションに起因する「何度も繰り返されてきた失敗」に対して、しっかりアプローチして減らしていきたい、という想いがあります。

 

渡辺:よく「コミュニケーション不足」って言葉は使うけど、本当にそれだけかな?と。つまり「不足」はしてないんだけど、土台にある「概念」や「価値観」が人によって違うために、コミュニケーションを取っていてもすれ違いが起きてしまう、ということが往々にして起きている気がします。

 

f:id:dmminside:20210414152909j:plain

 

大久保:「好みの差」が「価値観の対立」にまで発展してしまうことって、たまにありますよね。たとえば僕はガンダムが好きでよく見るんですが、ガンダムファンの中には「あの作品は良いけど、この作品は認めない」みたいな“派閥”が結構あって、ファン同士で言い争ったりしているわけです。僕からしたら「みんなガンダム好きだよね」で仲良くすれば良いじゃんと思うんですが、なかなかそうもいかない。

 

渡辺:ガンダムの例が適切かは分からないけど(笑)、エンジニアは職業柄こだわりが強い人が多いから、そういった対立は相対的に起こりやすい組織かもしれません。人によって好みや考え方が違うことは当たり前だけど、1人1人がその違いをもっとしっかりと認識して、コミュニケーションを取っていく必要があると思ってます。

 

多様性を受け入れて、楽しむ

f:id:dmminside:20210414152944j:plain

 

── コミュニケーションに起因する失敗を減らし、新しい挑戦による新しい失敗を増やしていくために、何か考えている施策はありますか?

 

大久保:具体的な部分はこれからですけど、「自分の興味の外側を見る」ということが肝になってくると考えています。自分にとって本当に必要な情報や考え方って、今の自分の興味関心の枠の外側に落ちていることが結構あると思ってて。どうやったら社員が「自分の興味の外側」を意識することができるかなと、最近はよく考えています。

 

渡辺:すでに始めている「社内兼務制度」は、その取り組みの一貫に位置づけられますよね。兼務を通じて他の事業部の仕事を理解することで、新しい発見や相乗効果が期待できる。

 

大久保:そうですね。事業部や職種の垣根を超えて、社員同士の相互理解が進む仕組みをもっと作っていきたいです。たとえばエンジニアの社員にとって、デザイナー目線でのモノの考え方や価値観って、理解しきれていない部分はあると思うんです。そういったところを改善していきたい。

 

渡辺:僕は最近「クリエイター」という表現をよく使ってます。その意図としては、エンジニアもデザイナーも、開発組織の仕事は広義の意味で「同じ仕事」と認識してほしいと思っているんです。今後は、エンジニア以外の職種にも積極的にスポットライトを当てて、それぞれが自分の成長を実感できるような「クリエイター組織」にしていきたい。

f:id:dmminside:20210414153002p:plain

 

渡辺:DMMは色々やっている会社だからこそ、そこで働く僕たちは「違うものを受け入れる」ことや「多様性を楽しむ」マインドが一層求められている気がします。全員が同じ好み同じ考え方で、同じ方向を向いていれば楽なんだろうけど、「そうじゃない方が楽しいじゃん?」と言っている会社なので(笑)。

 

大久保:多様性をもっと心理的に受け入れて楽しむことが、クリエイターとしての成長にも繋がっていきますよね。

 

渡辺:DMMは「誰もが見たくなる未来」をコーポレートメッセージとして掲げているけど、未来って皆んな知りたくなるじゃないですか。でも「完全に予測された未来」ってワクワクするのかな?と最近思います。

分からないから面白い。想像するから楽しい。想定通りにいかないから学びになる。

多様性を受け入れながら、未来の「不確実性」や「曖昧さ」をも楽しめる組織になれば、どんな時代が来ても成長の糸口なんて無数にあるはず。DMMが、そんな多様性や可能性に満ちた「ワクワクする会社」であり続けることを目指して、これから頑張っていきたいと思います。

 

構成:柴崎研 写真:高山潤也