DMM.comの、一番深くておもしろいトコロ。

HUAWEI CONNECT 2019 Report (前編)

HUAWEI CONNECT 2019 Report (前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

先日、HUAWEI最大規模のイベント HUAWEI CONNECT 2019 が上海で開催されました。
HUAWEI Japan の方からご招待を受けたDMMからも2名、佐藤、田中が参加させていただきました。
日程の関係ですべてを見ることはできませんでしたが、興味を覚えたものをいくつか簡単に紹介させていただければと思います。

ストレージ関連

弊社の配信インフラでは新たにストレージ製品を導入したこともあり、HUAWEIさんの新ストレージ製品に注目してみました。

OceanStor Dorado V6

f:id:dmminside:20191106121124j:plain
Dorado データの海を泳ぐカジキをイメージ

標準4コントローラ、拡張で32コントローラまで増やせるストレージになります。
会場に置いてあったのはモックアップだったのが残念でした。
性能面をお聞きしたところ、以前のものと比べて飛躍的に伸びているようです。

ストレージでの性能を比較する場合、IOPS(1秒あたりに処理できるIO数)がストレージの指標になることが多いかと思います。
例えば、第三者機関(SCP-1)での性能指標では、2018年10月時点、Huawei Dorado V3 が700万IOPSで一位でしたが、約5カ月後の2019年3月時点、富士通 ETERNUS DX8900 S4が1000万IOPSで一位に躍り出ています。

IOPSが700万⇒1000万といった時点ですでにインフレ気味のパフォーマンスアップですが、今回発表された Dorado V6 はなんと、IOPS 2000万!
もうドラゴンボール戦闘力並みのインフレになっていますよね?

SCP-1のパフォーマンスに関するデータは以下のリンクでご確いただけます。
http://www.spcresults.org/benchmarks/results/top10/performance/spc1/3

f:id:dmminside:20191106121137j:plain
モックアップ内には Kunpeng 920 4つを確認

その他、V6からはARMベースのCPUを使用、また、最近少しずつ話題になってきているNVMe Over Fabricにも対応しています。レイテンシの低下に期待できますね。

9月15日時点でプレスリリースでしたので、販売は来年かな…?
個人的にですが、機会があれば評価機を借りてテストをしてみたいと思える機材でした。

SSD

f:id:dmminside:20191106121202j:plainf:id:dmminside:20191106121214j:plainf:id:dmminside:20191106121227j:plain

また、SSDでも面白いものがありました。61TBのSSDなのですが、とにかく薄い!

サーバに36本搭載できるとのことでしたので、まことに勝手ながら過去の経験から、"フル搭載したら壁のようになるぞ、エアフロ―をしっかりしていないとオーバーヒートを起こすのでは?" と心配していたのですが、

バックプレーンを見てみると…

f:id:dmminside:20191106121237j:plainf:id:dmminside:20191106121249j:plain

バックプレーンが半分になっていました。

なるほど、"SSDの挿し口が2つに分かれていたのはこのためだったのか…"と力業で納得させられてしまいました。
(こういうの大好きです。)

興味を持ったのでお聞きしてみたところ、今のところは独自規格で作られているもので、標準規格に通すのはこれからだそうです。いずれお目見えするかもしれないですね。

5G + スマートシティ

f:id:dmminside:20191106121302j:plainf:id:dmminside:20191106121314j:plain

中国は最近ですと、雄安新区に自動運転や、無人店舗等を導入し、スマートシティに力を入れていることはご存知かもしれません。
HUAWEI Connectでもブースは別途用意されていました。

f:id:dmminside:20191106121327j:plainf:id:dmminside:20191106121340j:plain

Wi-Fi 6、5Gの機器の展示も多く見受けられました。
今後のスマートシティに必須とも言えるものはやはりWi-Fi 6や5Gだと思われますので、HUAWEIさんも一歩も引く気はないようです。今後の5Gの覇権はどうなるのでしょうか…?

スマートシティブースにはAIゴミ箱もありました!
ネットワークで容量を検知、一杯になったものだけ回収にくるとの事でした。後ほど中国のガイドさんとお話する機会があったので、お伺いしたところ、もう深センなどでは導入されているそうです。

終わりに

興味の赴くまま回っていましたので偏った内容でお届けしてしまいましたが、いかがでしたでしょうか?
HUAWEIさんの最新機器など、なかなか見る機会はないと思いますので、もしこういった機会がありましたら訪れてみるのも楽しいと思います。

そして、HUAWEI CONNECT参加に続き、HUAWEIさんの本社および工場の見学にも参加できました。そちらのレポートもすぐに上げますので、お楽しみに!
 
DMM.comでは一緒に働いてくれる仲間を募集しています。ご興味のある方はぜひ下記募集ページをご確認ください!
dmm-corp.com