DMM.comの、一番深くておもしろいトコロ。

よんでますよ、梅林さん #7

よんでますよ、梅林さん #7

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:dmminside:20200729172919j:plain

f:id:dmminside:20200730161446j:plain

キャリア面談にて
質問者の写真菅野

キャリアってほんと悩ましいですよね〜〜

これ、もう直接聞くのが早くないですか?聞きましょ!そうしよ!

回答者の写真本郷

f:id:dmminside:20200730161520j:plain

おもむろにSlackを送り始める本郷
質問者の写真菅野

え?

f:id:hongo-miho:20200729182521j:plain

召喚
質問者の写真本郷

梅林さんお疲れ様です!よびました!笑

よばれました笑
これは何のMTGですか? もしかして……

回答者の写真梅林
質問者の写真本郷

よんでますよ、梅林さん!
菅野さんが今後のキャリアに悩んでいたので、これはもう聞く方が早いなと思って。
梅林さんからみたDMMのことや、マネジメントというキャリアについて、色々ぶっちゃけて欲しいです!

聞かれたことには素直に答えればOKということですね。笑

回答者の写真梅林
質問者の写真菅野

動画配信事業部の菅野です。2017新卒でDMMに入社しました。よろしくお願いします!

電子書籍事業部と同人事業部でエンジニアリングマネージャー(EM)をしてる梅林です。
2019年8月に入社したので、ちょうど入社して1年ほどですね。
前職からずっとマネジメントに軸足を置いているので、マネジメントについてはいろいろ話せるかなと思います。
よろしくお願いします!

回答者の写真梅林

マネジメント職のもどかしさ

質問者の写真菅野

そしたら早速…
2017新卒で入社して、チームリーダー(以下TL)を任されて約4ヶ月。という状況なのですが、
いざマネジメント職を始めると自分で手を動かす機会が減って…。もどかしさを感じて、絶賛今後のキャリアに悩んでます。
梅林さんはそんなもどかしさなかったですか?

f:id:hongo-miho:20200730155003j:plain

今はもうなくなったけど、かつては同じ思いをしてましたね〜。
バリバリやりたい気持ちは持っていて当然だと思ってます。
マネジメントに進んだとしても手を動かしていきたいという部分は完全に捨てる必要はないと思うし、手を動かさないまでも新しい技術や情勢をキャッチアップして、プレイヤーに戻ってと言われてもある程度戻れるレベルで技術力を保つのは、マネージャーとして大事だと思う。
ある程度手を動かすことが精神安定につながりますしね!

回答者の写真梅林
質問者の写真菅野

どうやってマネジメントのほうに舵を切っていったんですか?

今のDMMのマネージャーのキャリアパスで例えると、TLの次にグループリーダー、エンジニアリングマネージャーという感じで階層が成り立っていて、
それってどう変わるかというと、見るべき範囲が横に広がって奥行きも広がるイメージなんですよね。
求められる役割として、1タスク、1プロジェクト、1事業…と目の前のことに集中できる状態から担当領域が横に広がる感覚と、時間軸が現在だけだったのが過去・未来に広がっていくイメージ。
そうなると、やりたいこともやるべきことも広がるから、自然と手を動かすよりもマネージャー職に集中していったかなー。

回答者の写真梅林
質問者の写真菅野

なるほど。
そういえばTLという立場になって、お金にまつわる決断など比較的任される範囲広いなって思ったのですが、これってDMMならではなんですかね?

うーん。
これに関してはDMM全体を見ても、TLレベルで扱う人もいれば、GLでも扱わない人もいる印象かな。
事業規模と権限移譲が人によって異なるのが実状だと思う。
自分はDMM以外に2社経験しているけど、DMMと同じように「EMだから〇〇」みたいな杓子定規的な部分は薄く、信頼されれば任せられる範囲が広くなる形だったよ。

回答者の写真梅林

DMMの将来性

質問者の写真菅野

前職の話が少し出たのでちょっと気になったんですけど、どうして梅林さんってDMMに入社したんですか?

前職で4年半ほど管理職を経験したんだけど、ある程度マネジメントに自信を持てたので、まずは強みであるEMとして入って、その後事業責任者としてやっていきたいと思い入社したのが経緯。
ある程度勤めた後で、任せてもらえる可能性がある会社だなと思ったのが一番の決め手でしたね。

回答者の写真梅林

f:id:hongo-miho:20200729183549j:plain

質問者の写真菅野

役職が上がると見るべき範囲が横に広がり奥行きが増すという話でしたが、梅林さんの場合、これからはそこをさらに広げてみたいという話ですか?

会社の中を横断的に、というよりは、何か自分で新規事業でも既存事業でもそれを一つの会社として捉えて、社長的なポジションをやってみたいと思ってる。
今のDMMだと事業部長の役職が近いポジション。世間一般だとPdMやプロデューサーにも近いかも。
EMだと向き合う領域がピープルマネジメント比率の高い状況になるけど、事業部長はプロダクトの成長にコミットする人と僕は捉えていて、そんな仕事に興味があります。

そういえば菅野さんは、今の業務ではマネジメントと開発をどのくらいの比率で行ってるんですか?

回答者の写真梅林
質問者の写真菅野

まだ正確な比率が出せないくらい混ざっている状況ですけど、意図的にメンバーに作業を振ろうとは意識してますね。8割くらいマネジメントにリソースを割いているかも。
週1位で作業に携われていると良いほうですかね。

その割合ってどう感じてる?

回答者の写真梅林
質問者の写真菅野

マネジメントの比率が多いなと思います。なりたてということもありますが、どこまでマネジメントをすれば良いか分かってなくて…
それと、自分がチェックするだけの立場ならいいのですが、現状は、じゃあ一緒にやりましょうかという流れになりがちで、結果工数を使ってるなと感じてます。

メンバーが少ない状態で育成しなきゃ、という状況は経験したことありますか?

過去には少なくとも3プロジェクト以上で経験しましたね。
その際にTLレベルで意識したことは、よく使われる表現だけど、魚を直接あげるのではなく釣り方を教えるように意識していたかな。
具体的な業務に例えると、ほとんどできているからこれだけよろしく、ではなく、全体像が身に付けられるように1〜2回は一緒にやるけど、それ以降は一人でやってみてね、と自立できるように教えることが多い。
最初は時間がかかるけど、後からやりとりの数が減るから、そこでの時間確保の可能性を高める方向でやってたな。

回答者の写真梅林
質問者の写真菅野

仮にそれでメンバーがミスしてしまった時はどうフォローしているんですか?

仕事には絶対失敗できない部分とリカバリーが効く部分があると思ってて、失敗できない部分はダブルチェックするなど必ず要所でリーダーのレビューを挟むようにしてたかな。
自分自身も改めて気づきになることも多かったよ!
併せてドキュメントとして残しておくと他の人もできる可能性が広がってきて、チーム内でコミュニケーションを取って回るようにもなってくるし、うまく進んでくる実感が湧くと楽しさも上がってきた。

回答者の写真梅林
質問者の写真菅野

ドキュメントまでは起こしてないのですが、1回目一緒に作業をやってみた後、手順をメンバーに作ってもらってレビューを自分が行ってみたりしたのですが、このあたりは正しいですか?

良い試みだと思います!

回答者の写真梅林

DMMの特異性

質問者の写真菅野

そろそろ緊張が溶けてきたので、ぶっちゃけ話が聞きたいです。笑
DMMに入って楽しいですか?

f:id:hongo-miho:20200729183700j:plain

急にど直球を投げる菅野さん

単刀直入だな。笑
もちろん楽しいけど、同じくらい大変!
大変そうなのは入社前から覚悟していたけど、想像以上に大変だった部分もたくさんあった。

回答者の写真梅林
質問者の写真菅野

具体的にはどんなところですか?

外から見たDMMって事業ごとの独立性が高いと思っていたんだけど、いざ入社すると結構全社横断的に動くところが多くて。そこが一番のギャップだったし、大変なところかな。
横断的な部分で大企業的に進みが遅いのかというとそうでもなくて、それがまたもの凄いスピード感。笑
信じられないスピードで新しい物事が入ってくるので、その意思決定のために既存で考えていたものとの調整などが多々発生するし、小規模のプロダクトの運営と比べると圧倒的にマネジメントの難易度は高いと思う。
そこは大変だと感じてますね。

回答者の写真梅林
質問者の写真菅野

自分は逆に新卒からずっとDMMなので、これが当たり前だと思ってました!
横断的に動くことに対して慎重にやっている印象でしたが、むしろ他と比べると早いスピードなんですね。

この規模と複雑さでこのスピードは早いと思いますよ。
マネージャーは、何かをやろうとした時に、既存で考えていたものと新しく入ってきたものをそれぞれどこまで進められるのか、バランスの調整や説明責任(どういうメリット、どういう理由かを噛み砕いて合意を得ること)が仕事だと思う。

回答者の写真梅林
質問者の写真菅野

そこが大変なんですね。

はい。
施策を横断的にやる時、詳しい説明があるわけではなくて。
それを自らキャッチアップして、噛み砕いて理解が得られるように説明することをスピード感持ってやらないといけない。
理解せず右から左に流すと危ない未来しか見えない。笑
結構大きいものが頻繁に来るので、理解力/速度共にもっと高めなきゃなと思いました。

回答者の写真梅林
質問者の写真菅野

それでいうと自分は、キャッチアップはTLになる以前から求められていた部分もあるので、ある意味当たり前にしているかもしれないです。

身に染み付いているのは良いことだと思います! 勝手にスキルアップされていくしね。

回答者の写真梅林
質問者の写真菅野

マネジメントって楽しいですか?

楽しい! でないとマネージャーはやってないと思う。笑
僕が感じるマネジメントの楽しさは大きく分けると2つあって、一人ひとりの寄せ集めではできない部分ができるようになることと、より広いマネジメントを経験するとビジネスの全体像が見えるようになってくることだと思ってる。
もっとこんなチーム構成にした方が良いのでは?とか、どんどん視野が広がってきて仕事全体の流れに目を向けられるようになってくると、面白みも増すし、さらに任せられる範囲が広がってくる、という良いループになるんじゃないかな。

回答者の写真梅林
質問者の写真菅野

なるほど!
マネジメントについて話を聞く機会ってあまりないので、めっっちゃ参考になりました!

どう? マネジメントには興味持てた?

回答者の写真梅林
質問者の写真菅野

うーん。もうちょっと考えます。笑

めっちゃ真剣に喋ったのに!!笑

回答者の写真梅林

f:id:dmminside:20200730161620j:plain