DMM.comの、一番深くておもしろいトコロ。

DroidKaigi2022 参加記

DroidKaigi2022 参加記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

この記事は DMMグループAdvent Calender 2022 の13日目の記事です。

DMM.comでAndroidエンジニアとしてポイントクラブやDMM TVのアプリ開発を行っているmito(@mitohato14)です。
10月5日〜10月7日の3日間、3年ぶりのオフライン開催となったDroidKaigi2022にスタッフとして参加しました。(もう開催から2ヶ月経つなんて早い)
自分自身そもそもDroidKaigiにオフラインで参加したことがなく、DroidKaigiオフライン初参加がスタッフとしてになりました。

スタッフ名札

会場入り口のパネル

なぜスタッフになったのか

きっかけとしてはTwitter上でスタッフ募集のブログを見てからです。

medium.com

カンファレンスのスタッフや運営自体にはもともと興味があり、普段からAndroidアプリ開発の勉強をしているときにとてもお世話になっていたAndroidコミュニティに少しでも恩返しできればとは元々考えていました。

ですが自分自身が消極的なこともあり、最初に募集を見た時も初めましてな方がほとんどな環境になかなか踏み出せずにいました。
しかし、今まで何かと理由をつけて機会を逃してしまっていた自分を変えるためにも後で「やっておけば...」という後悔をしないためにも勢いに任せて参加フォームを送信しました。
フォーム送信後は「出しちゃった...」とかなりドキドキしていましたが、今の自分から言えることは「Good job過去の自分!」です。

また、参加スタッフの中に定期イベントチームでの募集があったことも大きかったです。
社内で定期的に開催しているAndroid勉強会の進め方に関して当時悩んでいたこともあり、DroidKaigiの定期イベントチームに参加することによって勉強会実施の知見を得ることができたり逆に社内勉強会で感じてきたことをDroidKaigiにも活かすことができたりするのではないかと考えました。
実際にはDroidKaigiの定期イベントが開催される時期に本業の方も忙しくなってしまいあまり貢献することはできませんでしたので来年以降に期待したいです。

スタッフとして行ったこと

DroidKaigi期間中は受付担当としてスタッフ業を行っていました。
受付業務は主に

  • 当日の参加者や登壇者の受付
  • 入場者への消毒・検温実施
  • DroidKaigiノベルティ・Tシャツの配布
  • スタンプラリーの景品受け渡し
  • 忘れ物の管理
  • その他問い合わせの対応

がありました。

DroidKaigi当日にはシフト制で受付に立ち、参加される方の受付を行いしばらく経つとスタンプを集めてきた参加者の方の景品引き換えを行っていました。

特に初日は多くの時間、受付にいたため多くの方の受付やスタンプラリー景品の受け渡しを行えたと思います!

DroidKaigiの感想

初オフライン参加

DroidKaigiにオフラインで参加できてとても良かったです。
元々Twitterや業務上で知っていたが一度もリアルでは会ったことのない方やお久しぶりな方、学生時代に知り合ってそれ以降だった方にも会うことができてとても良かったです。
また、スポンサーブースをまわったり懇親会やミートアップで話したりして初めましての方とAndroidのこともそれ以外のこともお話ができてとても楽しかったです。

当日はスポンサーブースで色々な企業の方と話すことやスタッフとしての業務を主に行っていたため、セッション自体はあまり見ることが出来ませんでしたので来年以降のDroidKaigiではセッションもちょくちょく見つつわいわいできたらなと思います!

DroidKaigi期間中の写真は撮り忘れていましたので、以下の公式Twitterから写真を見て雰囲気を感じ取ってもらえればと!

スタッフ参加

DroidKaigiのスタッフになることができてとても良かったです。
新卒でDMMに入社してから社外の方との繋がりを作ることがほとんど出来ていなかったのですが、DroidKaigiのスタッフ業を通してかなり多くの方と関わりを築くことができました。
さらにDroidKaigi当日までだけでなく、それ以降にもスタッフ同士でさらに関わりを深めることができてとても良かったです。

受付では、初日の朝には特に多くの参加者が来てくださりスタンプラリーも好評で景品の受け渡しに列ができたりと受付がパンクに近い状態になってしまう時もありましたが、学生時代の高専祭(学園祭)やオープンキャンパス時のような雰囲気を感じとても懐かしい気持ちになって楽しかったです。

前日の会場準備も含めて普段エンジニアとして働いている時には経験しないようなことばかりでとても楽しかったですし良い経験になりました。
また、ほとんど一日中立ちっぱなしだったこともあり普段リモートワークな身体にも良い運動になりました。

正直スタッフを始めてから当日までの間に本業との兼ね合いで時間をうまく作ることができずに時間に追われてしまったりあまり作業できなかったりしていたので、来年以降にはもっと準備段階からいろいろなところでより貢献出来たらなと思います。

さいごに

DroidKaigiを通して人脈を広め色々なことを学ぶことが出来ただけでなく、勢いだけでも新しい環境に飛び込んでみることの大事さも学ぶことが出来ました。
この経験を持ってこれからもAndroidコミュニティ発展に寄与できるような人になれたらなと思います!

改めてDroidKaigiに参加してくださった皆様、スタッフの皆様ありがとうございました!
また、忙しい中でも準備日を含めた4日間も業務としてDroidKaigiに送り出してくれたメンバーにも感謝しかないです。ありがとうございました!

来年以降もDroidKaigiは開催されると思いますので、参加者・登壇者・スタッフとして関わることになる皆さんとまたお会いできる日を楽しみにしています!

P.S. 弊社もスポンサーをしていました。

スポンサーパネル