DMM.comの、一番深くておもしろいトコロ。

数字で語り、経営を支える。会計士志望からDMMに入社した、佐伯英俊の一日

数字で語り、経営を支える。会計士志望からDMMに入社した、佐伯英俊の一日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

f:id:dmminside:20210625183131j:plain

DMMの新卒社員の一日にフォーカスし、「DMMで働くということ」に迫る連載シリーズ「DMM新卒の今」。今回は、財務経理、法務、経営管理機能を担う合同会社DGホールディングスで管理会計を担当する佐伯英俊が登場します。

「会計とは、数字を用いて他者に説明をする技術なんです」と語る佐伯に、DMMの“計器盤”として経営を支える管理会計の仕事について語ってもらいました。

 

会計士志望から、DMMへ

f:id:dmminside:20210625183750j:plain

—— もともと、事業会社でのキャリアを志していたのでしょうか。

佐伯:学部時代は農業経済学を専攻していて、卒業後に会計大学院に進学しました。

当時は会計士を志していたのですが、現役時代に合格することができず、民間企業への就職にシフトしたのです。

数ある企業の中からDMMを選んだのは、領域を問わず、数多くの事業を展開していたからです。

先々もずっと財務や経理を軸にキャリアをつくっていくつもりだったので、多種多様な事業を持つ事業会社に就職した方が、仕事そのものを楽しめるのではないかと考えていました。

 

—— 佐伯さんはDMMで、具体的にどのような業務に従事されているのでしょうか。

佐伯:会計の仕事は、大きく「財務会計」と「管理会計」二つに分けられ、私は管理会計を担当しています。

財務会計は、社外の利害関係者に業績を把握してもらうために行う財務会計です。例えば決算書の作成業務などが、これに該当します。

管理会計は、自社の経営に活かすために業務を行います。

各事業部の成績を取りまとめ、それを事業部や経営陣に報告するなど、数字をベースに経営方針の決定に貢献する仕事です。

 

事業成長を支える“計器盤”としての誇り

f:id:dmminside:20210625183900j:plain

—— 仕事をしていて、やりがいや楽しさを感じる瞬間はありますか。

佐伯:営業職のように「目標達成したぞ!」といった喜びはありませんが、会計の仕事は想像以上にカバーする範囲が広いので、独自の面白みがあると思っています。

例えばDMMなら、農業からAIまで、とにかく事業領域が多種多様です。そのため、会計に関係のない知識が仕事に生かされることが多々あります。

最近でいえば、プログラミングに関する書籍を読んでいたときに、エンジニアの思考に触れられたのが面白かったです。
DMMはエンジニアが多数在籍している会社なので、「彼らとコミュニケーションを取るときは、こうやって伝えたらいいのか」と膝を打ちました。

 

—— 会計の仕事をしながらプログラミング関連の書籍を読んでいるのは、関わる領域が多いからですか…?

佐伯:その通りです。DMMのような事業会社で働いていると、特に管理会計の仕事は、やはり最低限の教養が必要だと思っています。

各事業部と連携するので、必然的にあらゆる領域の知識や情報をインプットしなければ、思うように仕事を進められません。

会計は英語でAccountingといいますが、「説明する」という意味もあります。——つまり会計とは、数字を用いて他者に説明をする技術なんです。

「数字とにらめっこする」といった一般的なイメージとは異なり、想像以上にコミュニケーションを求められる仕事だと感じています。

f:id:dmminside:20210625183945j:plain

 

—— 佐伯さんが考える、管理会計のお仕事とは、どのようなものでしょうか。

佐伯:例えるなら、クルマの計器盤です。

クルマを運転するドライバーは経営者や事業部長であり、エンジンは売上をつくる営業職など。

それぞれの職種に役割があるなかで、私たちは、「アクセルを踏むべきなのか、それともブレーキを踏むべきなのか」をドライバーに伝える責任を担っています。

 

数字と感情を往復し、事業推進

f:id:dmminside:20210625184024p:plain

—— 佐伯さんの仕事をより詳しく知るために、一日の代表的なスケジュールを教えてください。

 

佐伯:最近はリモートワーク中心で、朝10時に始業します。

10時30分頃まで部署のメンバーに指示出しをして、その後は自分のタスクをしたり、各事業部から寄せられる質問に回答したり、お昼まで慌ただしく過ごしていますね(笑)。

13時からランチ休憩に入って、14時からプロジェクトのミーティングに参加したり、メンバーに任せている資料作成をフォローしたり。

日によって業務内容が変わりますが、19時前後には終業します。

最近はプロジェクトの参加がメイン業務になっていて、これまでは事業部ごとにバラバラに作成・管理していた予算を全社統一で管理するプロジェクトや、経理関連業務の改善を目指すプロジェクトのメンバーになるなど、会社単位のプロジェクトに参加しています。

DMMは非上場であり、新規事業がどんどん立ち上がる社風なので、その様子を近くから見ていられることに面白さを感じています。

会計と聞くと「カチッとしている」というイメージを持つ人が多いと思いますが、DMMの場合、ある程度の自由さがあります。

業務がきっちりと決められているわけではなく、自分なりにアレンジしていけるのは大きな魅力です。

f:id:dmminside:20210625184109j:plain

—— 入社から現在までを振り返り、どのようなスキルが身についたと感じますか。

佐伯:たくさんありますが、コミュニケーション能力はぐっと高まったと思います。

繰り返しになりますが、DMMは多様な事業を抱える会社であり、その分さまざまなバッググラウンドを持つ人が在籍しています。

会長の亀山が「ヤンキーからエリートまで在籍していて、国籍も多様」と言うように、本当にいろんな人がいるんです。

そんな社員たちとコミュニケーションを取るには、ただ話すのが上手いだけでは不十分。お互いの意思疎通が完璧にできていなければ、コミュニケーションが取れているとはいえません。

私はもともと話しが上手いタイプではないですが、それでも毎日コツコツと知識を得てきたことで、相手が言っていることを正しく理解でき、伝えたいことを正確に伝えられるようになったと思います。

 

—— 現在入社6年目とのことですが、これまでを振り返り、印象的なお仕事はありますか。

佐伯:コミュニケーションの重要性を意識するきっかけでもありますが、事業部の方たちと上手く連携できなかった経験があります。

DMMは、グループ内に数多くの事業部が存在しています。そのため、どの事業部が負担するのか判然としない経費が発生することがあります。

そのような費用を、各事業部に按分するためのルールがあるのですが、そのルールを経営陣の意向で変更することになり、私がそのプロセスを任されました。

しかし、事業部に対してしっかり説明せずに行ってしまったので、いくつかクレームをいただいてしまったんです。

そのときに、「教科書通りに仕事を進めたからといって、上手くいくとは限らない」ことを学びました。

現場の人たちは汗水流して売上をつくっていて、その数字には血が通っています。

しかし、それを“ただの数字”だと捉えていたから、このようなトラブルが起きたのだと思います。

それからというもの、事業部の人たちがどんな思いで働いているかに思いを巡らせるようになりました。

 

一歩踏み出したい、あなたへ

f:id:dmminside:20210625184225j:plain

—— 実際に働いてみたからこそ分かる、DMMの魅力を教えてください。

佐伯:繰り返しになりますが、自由な社風が最大の魅力だと感じています。

特に管理会計部門でいえば、きっちりしなければいけない部分と、自由にやるべき部分のバランスを担保していくのが楽しいです。

全社のバックオフィスとしての責任はありつつ、50以上の事業部が自由に暴れられる環境もつくっていく。バランサーとしてのポジションは、他の企業ではなかなか経験できない仕事だと思います。

 

—— 最後に、DMMへの入社を考えている学生のみなさんに向け、メッセージをお願いします。

佐伯:DMMは、自分から一歩を踏み出せる人に合う環境だと思います。

待っていても打席が回ってくる環境ではありませんが、自ら挙手できる人には、しっかりと打席が回ってきます。

これまで踏み出す経験ができなかった人でも、これからそうしていきたいと思えるなら、活躍するチャンスがあります。

年齢や役職にとらわれない非常にフラットな職場なので、挑戦に前向きな方は特に、自分らしさを存分に発揮できるのではないでしょうか。

取材・構成:オバラ ミツフミ 写真:高山 潤也