DMM.comの、一番深くておもしろいトコロ。

アップ・クルセーダーズの決め手は確かな技術と決断力。DMM GAMES Ventures投資事例vol.1

アップ・クルセーダーズの決め手は確かな技術と決断力。DMM GAMES Ventures投資事例vol.1

f:id:dmminside:20180911122351j:plain

この度、DMM GAMESは、投資ファンド「DMM GAMES Ventures」を設立いたしました。
「世界中の大人にゲームで興奮を」をミッションに、これまでも様々なヒット作を世に提供し続けてきたDMM GAMESですが、この度設立された「DMM GAMES Ventures」においては、ベンチャー企業に対する投資や共創推進を行いながら、これまでの取り組みをより加速、強化していこうと考えています。
また、DMM GAMESが築いてきたネットワークやノウハウを生かして、出資企業とともに相互発展を促すべく積極展開もしていきます。
今回は、そんなDMM GAMESの投資事例を紹介する記事の第一回として、同事業部の上島とアップ・クルセーダーズの内海さんのおふたりに、出資の決め手となったポイントや、今後の展望について伺っていきます!

f:id:dmminside:20180910180441p:plain

写真左:DMM GAMES上島 写真右:アップ・クルセーダーズ内海さん

上島 尚久うえしまたかひさ
DMM GAMES Ventures 代表 / 合同会社DMM GAMES 経営企画室長
慶応義塾大学大学院 経済学研究科 前期博士課程卒業後、HSBC証券、モルガンスタンレー証券にて約5年間にわたりゲーム・通信・ネット業界のアナリストを務め、ファンダメンタルズ分析を通じて大手ファンド向けに投資の意思決定サポートを行う。その後はグリー事業戦略本部へ入社し、主に海外事業を中心に事業改善サポートを行いつつも、全社のコスト最適化に向けた戦略策定業務に従事。その後、インディーゲームスタジオを立上げ開発から運営まで手掛けた後、2014年より現DMM GAMESに入社し、経営企画室長を務める。2018年よりDMM GAMES Ventures代表に就任。

内海 暢介うつみようすけ
アップクルセーダーズ株式会社 代表取締役CEO
東京大学大学院 機械工学専攻 前期博士課程卒業後、2005年より有限会社バースタイルズを設立し運営。
Web/Nativeゲーム、Webシステム等の開発、運営業務をシステム側から100以上こなす。
2012年に有限会社バースタイルズを株式会社シーエー・モバイルに事業譲渡し、株式会社バースタイルズ代表取締役並びに株式会社シーエー・モバイルのフェローとして業務執行。アップクルセーダーズ株式会社の代表取締役に2014年就任し現在に至る。


DMM GAMES Venturesが出資を決めるまで

内海さん:
DMM GAMESとのファーストコンタクトは、前職のC.A.MOBILE時代に、ゲーム業界懇親会にて片岸さん(DMM GAMES最高経営責任者 /当時DMM.com labo)お会いした時でした。
初対面の片岸さんは正に「フランクで表裏のない性格の豪傑な方」といった印象で、アーティストやプログラマといったクリエイター職に理解を示してくれるうえに、建設的な会話をしてくださる方だなと感じました。
その後、C.A.MOBILEを退職して、アップ・クルセーダーズ(当時バースタイルズ)の社長として開発スタジオの経営と事業開発を始めた頃に、DMM GAMES案件だった『muvluv strike frontier』の開発・運営をセカンドパーティとして弊社にて担当しました。
DMM GAMESの嶌田部長とやりとりをしたことがキッカケだったのですが、この案件で定期的に嶌田部長と話し合う機会が増え、その過程で弊社アップ・クルセーダーズが『ゲームが売れるための開発力を保持してること』を理解していただけました。

f:id:dmminside:20180910180554p:plain

弊社アップ・クルセーダーズでは「クライアント開発とサーバ開発を同じ人間が行う」ということを提唱しており、エンジニアが全体のマイルストーンを開発管理することも少なくありません。
加えて、モバイルゲーム市場で戦うために、UnityとNode.jsという技術の習得と活用で実績を積んできています。
また、ブラウザ環境でアプリケーションを軽快に動かすためにCocos2d-JS、PixiJS、Game Closureなどを選択肢として持ち、Unity以外でも同等パフォーマンスを実現できる実績も積んできました。サーバ側の技術が高いのは長年蓄積してきた経験によるもので、NodeJS + MongoDBで同時接続200Kアクセスまで捌けるインフラ環境とアプリケーション開発ができる環境を作っています。

上島:
アップ・クルセーダーズさんへの出資案件において私は、出資決定後のデューデリ(投資を行う際の調査作業や投資対象の資産価値・リスクなどを総合的に査定する作業)から参加させてもらったのですが、それまでも弊社代表の片岸や社内のプロデューサーから内海さんのエンジニアリング能力についての高い評価を頻繁にお聞きしておりました。
また、過去に内海さんに開発を手掛けていただいたタイトルや現在進行中の開発案件の進捗を見ても、軽量化の程度・納品までのスピードともに一般的な開発会社から抜きん出ている点が出資を決めるうえでの大きな判断材料の一つとなりました。

f:id:dmminside:20180910180611j:plain

魅力的かつ確かな技術、スピード感あるジャッジ

内海さん:
アップ・クルセーダーズでは「受託開発で利益を出さず、ゲーム運営(レベニュー)での収益創出」を経営方針に掲げて会社運営をしてきたのですが、昨今のゲーム市場動向でよく見受けられる、ゲームのリッチ化、開発金額の高騰や開発期間の長期化などを鑑みた時に、このまま会社運営を続けても弊社のキャッシュポジションが上がることは難しいなと感じていました。
そこで財務担当の役員と話し、キャッシュポジションを高められるような資本提携・事業提携などを模索するに至ったわけです。
そうやっていくつかの会社様と話を進めていたなかで、わたしがDMM GAMESの片岸社長と話す機会があり、弊社が増資を検討している旨を伝えたところ、「DMM GAMESとしても検討したい」と返答していただけました。
それからは主に弊社の財務担当役員とDMM GAMESさん側の担当である上島さんがやり取りをしました。
打合せ開始から2か月程で提携完了したので、とても迅速に対応いただけたと感じています。

上島:
デューデリから出資までの処理がわずか2か月程度で終わった点は、非常に良かったと思います。
アップ・クルセーダーズさんの確かな技術力に過去の取引で培った相互の信頼関係もあり、初めから腹を割って円滑にコミュニケーションを取ることができたのが奏功した要因かなと考えています。

連携が高まり、より良いものづくりの未来へ

上島:
弊社のDMM GAMES担当クリエイティブディレクターのサポートを容易に受けられる形になったため、これまでより効率的にPDCAを回すことができるようになったという声がアップ・クルセーダーズさんの現場のスタッフから聞こえてきております。
また、DMM GAMESプラットフォームに精通した弊社スタッフからの開発・運営サポートや弊社オフィスインフラへのアクセスも受けられる点も出資を受けるうえでの大きなメリットにしてほしいと思います。

内海さん:
DMM GAMESさんから出資を受けてみて感じているのは、多岐に渡るサポートで
す。そして、DMM GAMESさん側のクリエイティブディレクター方のフルコミットしてくださる本気度とノウハウ共有が大変助かります。
DMM GAMESさんは数百人を超える会社規模なので、ワークフローや組織化が整備されていて大企業らしさがあり、会社として売上・利益を出すために経営陣各人がゲーム開発そのものを深く理解しています。この点は他社にはない風土だと思います。加えて、プロダクトが市場で勝つための事業投資を惜しまない会社だと思うので、協業していてモノづくりに拘れますし、パートナーとして大変心強く感じられます。

f:id:dmminside:20180910180620p:plain

内海さん:
モノづくりにおいて、自社の強み、弱みが何なのか。強みを最大化させて、弱みの部分をDMM GAMESさんに補填してもらえるような関係であれば、良いビジネスパートナーになれるのではないかと思います。
ゲーム市場が変遷期を迎えているので、このタイミングで国内最大級のオンラインゲームプラットフォームの会社さんと連携する価値は相応にあると考えています。

上島:
わたしたちはすでに国内最大級のオンラインゲームプラットフォームとなっておりますが、グローバル対応でも機能面でも、まだまだ改善すべき点が多いのも実状です。
しかし、内製開発からパブリッシング事業も含めて、これまでに蓄積してきたノウハウや取引先との関係性などは弊社DMM GAMESの重要なアセットであると自負しております。
また、今回のアップ・クルセーダーズさんへのスピーディな出資までのプロセスは、これまでの実取引を背景にしたインキュベーションでもありますが、そこには非上場である弊社ならではの強みも表れています。
さらなるグローバル化を控え、弊社のプラットフォームには今後まだまだ成長余力があると思います。
弊社とともに国内外のオンラインゲーム業界を牽引していきたいという想いをお持ちの方々はぜひ、お気軽にご相談ください。

【DMM GAMES Ventures概要】
名称  :DMM GAMES Ventures
所在地 :東京都港区
投資規模:100億円
出資者 :合同会社DMM GAMES
運営会社:合同会社DMM GAMES
     最高経営責任者:片岸 憲一
主な投資対象:ゲーム領域のサービスを展開する事業者

※投資受け入れに関心のある企業様は、以下よりお問い合わせください。

URL: https://dmmgamesventures.jp/