DMM.comの、一番深くておもしろいトコロ。

DMM.comの改革とAWS 【AWS Summit Tokyo 2019】

DMM.comの改革とAWS 【AWS Summit Tokyo 2019】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:hoshi-hitomi:20190614152108p:plain

こんにちは。inside編集部です。
6月12日から14日まで開催されたAWS Summit 2019にて弊社CTOの松本が「DMM.comの改革とAWS」というテーマで登壇しました。

登壇資料

speakerdeck.com

DMMでは現在、テックカンパニー化に向けて改革を進めるなかでAWSを積極的に活用しています。
登壇では、DMM Tech Vision内で掲げているTech Valueの「Agility」「Scientific」「Motivative」に沿って話がありましたが、今回はその内容を抜粋し、DMMの改革のなかでAWSをどのように活用しているのか事例を交えて紹介します。

AgilityとAWS

失敗を許容できるアーキテクチャへ移行し、小さく多くの挑戦ができる環境を作っていこうとしています。
プラクティスの標準化によって、小さく多くの挑戦を行える環境があることでAgilityを高められると考えており、オンプレとクラウドの最適化に取り組んでいます。

システム開発の課題点

20年に渡ってサービスを支え続けてきたDMMのシステムには様々な課題があります。そのなかでも下記のような理由によって、システムの改善に伴うリスクや、心的・人的コストが高くなっているものがあり、開発面での挑戦が減っていました。

  • コードやネットワーク構造が複雑で、依存を紐解く必要がある
  • 複数事業やドメインが1つのシステムになっているため、改修による不具合が横断して影響する
  • 属人化した運用により、古いコードに関する知見が失われているケースがある

そこで、小さく多くの挑戦をできる環境をつくり、誰もがサービス開発で素早く成果をあげることができるようにしようと下記のポイントを掲げました。

  • 高いアジリティ:良い施策を素早くユーザーに届けるためのチームと開発フロー設計(CI/CDなど)ができる
  • Security/Scalability事前担保:既存の特定のレールを踏襲することによって、事前に問題が起きないシステム構成に導く
  • モダン化:新技術導入のみならず、開発フローやコミュニケーションツールなどを新たに見直すことで生産性向上を目指す
  • 小さなシステム:適切な大きさのシステムにし、ミスに対しての影響範囲を小さく押さえ込み、挑戦がしやすい環境へ

それに加えて、横断SRE部の立ち上げやオンプレとAWS最適化による運用人的コストの削減、Infrastructure as CodeやDatadogの基準を提示し、部分的標準化を行いました。

具体的取り組み

オンプレとクラウド環境の最適化を考えるなかで、最初の移行プロジェクトとして採択されたのは、電子書籍事業でした。電子書籍事業は、他事業部への依存が比較的少ない一方、事業規模としては十分大きいということが決め手となりました。

f:id:hoshi-hitomi:20190614111835p:plain

f:id:hoshi-hitomi:20190614111830p:plain

移行にあたって、AWSのソリューションアーキテクトの方と連携し、リスク評価などをチェックしていただけるWell-Architectedのレビューを活用しました。これにより、アーキテクチャのブラッシュアップや障害対応のフローの刷新、単一障害点の確認などもできました。

また、この移行によって、ビジネス側面でも開発側面でもさまざまな良い効果がありました。
まず、改善速度が向上しました。安定稼働に関わる項目を洗い出し、監視を徹底できるように設定したり、AutoScaleでリソース確保に柔軟に対応できるようにしたりしました。コンテナやECSを用いてCI/CDフローも構築していくことでリリースとロールバックの効率を大きく改善し、デプロイにおける安全性の確保をしました。これによってリリースの障壁を減らし、改善速度を向上させることができました。
そして、事業部内の自由度も増加しました。オンプレを利用していた時にはリソースの確保や導入、管理などの見積もりをする必要がありましたが、AWSに移行した結果、リードタイムなしで様々なマネージドサービスを利用できるようになりました。AWS導入にあたってInfrastructure as CodeやCI/CDの構築を徹底したことで、チーム内でシステム改修や変更のレビューが容易になりました。

ScientificとAWS

続いてデータ活用についてです。ビジネス・開発の垣根なく、数値を共通言語として改善できるようになることを目指しています。

データ活用における課題点

  • 基盤の初期コストがかかる
  • 月間25億PVから生まれるログの量が非常に膨大である
  • 個人情報やその他機密情報保護の観点から、データへアクセス制限をかけなければならない

このような課題があり、今後のデータ活用に向けての第一弾として柔軟にリソースを確保しながら成果を出したいことから、AWSの活用を決めました。

具体的取り組み

f:id:hoshi-hitomi:20190614111826p:plain

f:id:hoshi-hitomi:20190614111822p:plain

既存環境ではリソースの枯渇が見込まれており、データ分析が快適に行えないことがありました。
そこで、データをHadoopに保持しつつ、S3に持ち出しAthena経由でデータを触ることができるような環境を構築しました。用途によってデータの取得経路を変えたことで、データ分析環境を快適に利用できるようにしました。

MotivativeとAWS

人が育つ組織に向け、AWSを活用しています。 モチベーション×能力の総和が組織力と考えており、個人の成長と組織の目標達成が統合される環境を目指しています。

具体的取り組み

AWS実弾演習場
学びを促進するための個人開発環境を提供しています。AWS Organizationsを活用し、各個人に独立したAWSの環境を提供、月額100ドルまで利用可能となっています。新AWSサービスの検証や新たな言語の学習等に利用されています。

新卒カリキュラム

  • AWS Technical Essentials 2
  • Architecting on AWS

上記オンサイトの研修を活用しています。専門性を効率良く発揮するために、横断的カリキュラムの実施にご協力いただきました。なお、新卒技術研修の全貌についてはこちらの記事に詳しく記載してあります。

社内勉強会
AWSのソリューションアーキテクトの皆さんにご協力いただき、弊社SREチームと連携して勉強会を開催しています。
社内で標準的に使っていこうとする技術についての学習の場を設けるとともに、ハンズオン形式の勉強会を行うことで運用のイメージを掴んでもらうことができました。

※同じくAWS Summitにて「クラウド人材育成の現状と今後の展望」のお話をした記事がこちらです。Motivativeな施策についてより詳しく書いてありますので、気になる方はご覧ください。

まとめ

DMMの組織全体を改革している現状とそのなかでどうAWSを活用しているのかをお伝えしました。
今後も様々な形で続報を発表していきますのでお楽しみに!  

DMM.comでは一緒に働いてくれる仲間を募集しています。ご興味のある方はぜひ下記募集ページをご確認ください! dmm-corp.com