DMM.comの、一番深くておもしろいトコロ。

エンジニアキャリア戦略とCTOについて 【Developers Summit 2019】

エンジニアキャリア戦略とCTOについて 【Developers Summit 2019】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

こんにちは! inside編集部です。

2019年2月14日、15日に開催されたDevelopers Summit2019にてCTOの松本が「エンジニアキャリア戦略とCTOについて」というテーマで登壇しました。
こちらのセッションは 2018年12月15日に開催された Developers Boost〜U30エンジニアの登竜門〜 で好評をいただき、その時の内容を少しパワーアップさせた形での再演となりました!

今回は登壇資料と内容をご紹介します。

登壇資料

登壇概要

エンジニアとしてキャリアを歩んでいく方々へ向け、キャリア戦略とそのコツ、また終着点の一つとしてのCTOという仕事についてお話しました。

みなさんが普段組織の中で業務をこなしていると、数多くのタスクに忙殺されてしまうことがあると思います。その中で自分の目指したいところへたどり着くために、戦略立ったキャリアを考えていくことが大切です。
最終目標と現状の間に現実的なマイルストーンを置き、達成可能な道筋を作り、そして都度振り返り想定と現状を比較することで、最適なキャリアのあり方を見直すことが着実な前進のためには重要になります。
このようにして戦略立ったキャリアを駆け上がって行く上で必要なスキルは数多くありますが、どのような方向性であれマネジメントスキルは必要です。なぜなら職位が上がるにつれて自分が影響を与える組織の範囲が広がっていき、それがたとえマネージャーではなくTechLeadのような役割だとしても、自分の成果だけでなく担当するチーム全体の成果を上げていく必要があるからです。ここでマネジメントスキルが必要となります。

また、キャリアのステップを登っていくにあたって、「正しく意見をぶつける」「組織の意思決定を理解する」「自身を知ってもらう」「組織と自分の目標をすり合わせていく」ことが重要だと思います。
ここでの正しい意見とは課題解決に貢献しているであろうと判断され通る意見のことです。単に理論的に正しいというだけだと主張は通りません。正しい意見をぶつけるために、周囲の状況を理解し、様々なところから情報を得ることも大切になってきます。その上で、主張と根拠を組み立てて意見としてぶつけていく必要があります。

登壇内容全体については、上記掲載したスライドをご参照ください。
みなさんがキャリアを歩んでいく上で参考になると幸いです。

最後に

DMM.comでは一緒に働いてくれる仲間を募集しています! ご興味のある方はぜひ下記募集ページをご確認ください!
dmm-corp.com