DMMグループの一番深くておもしろいトコロ。
カルチャー

ChatGPTなどチャットAI時代到来。SEO業界で働く人材に必要なスキルセットとは?

DMMグループの一番深くておもしろいトコロ。

2023年4月26日、SEO担当者向けのイベント「チャットAIの登場でSEOの仕事は今後どうなるのか?」をDMMの六本木オフィスで開催しました。 登壇したのは、SEO歴26年の業界のレジェンドでもあるDMMの渡辺隆広。司会進行を担当したのは、Web担当者Forum・ネットショップ担当者フォーラム編集統括の安田英久さん。お二人にSEO業界のこれからを語り尽くしてもらいました。 実はかなりの高倍率だったこちらのイベント。今回は特別にイベントレポートの形でお届けします!

  • 渡辺 隆広(わたなべ たかひろ)マーケティング本部 SEO部

    2022年4月DMM.com入社。1997年 SEOという言葉が生まれる前から、個人事業主としてSEO支援をスタート。現在まで世界最長である26年間もSEO業界に携わる。2005年4月から2021年12月まで株式会社アイレップにて取締役CSOやSEM総合研究所 所長を務めた。現在は、DMMマーケティング本部のSEO部でさまざまなサービスのSEOをサポートしながら、支援体制の構築に取り組んでいる。

  • 安田 英久(やすだ ひでひさ)さん株式会社インプレス Web担当者Forum初代編集長

    プログラミングやサーバー、データベースなどの技術系翻訳書や雑誌『インターネットマガジン』などの編集や出版営業を経て、Webサイト 「Web担当者Forum」初代編集長となる。ビジネスにおけるWebサイトの企画・構築・運用と、オンラインマーケティングの2軸をテーマにメディアを展開。現在は編集統括として媒体に携わる。

そもそもSEOの仕事は変化し続けてきた

最初のテーマとなったのは「これまでのSEO業界の変化」について。AIの驚くべき進化が業界に与える影響は計り知れず、おそらく気を揉んでいる関係者も多いのではないでしょうか。しかし、お二人は「SEO業界の変化はいまに始まったことでない」と口を揃えます。

Googleの登場や彼らによって何度も変わってきたページの評価方法……。90年代から現在に至るまでに起こってきた変化の例を引き合いに出しながら「SEOという仕事自体は残っているが、その業務内容は常に変わってきた」と語る渡辺。

「では、今回のチャットAIの登場はSEOの仕事をどのように変化させますか?」 (安田さん)

「ユーザーの行動と検索インターフェースが変わります。検索エンジンで情報を検索し、WEBページを訪問、新たな情報を得ながらあらたな疑問が浮かんで再び検索を行う。これが今までの基本的なユーザーの検索行動でした。

しかし、これからはチャットAI上である程度の情報を仕入れ、その後にWEBページを訪問するといった流れに変わる可能性があります。そうなると、WEBページの見せ方はチャットAIで情報収集や整理をしてきたユーザーが来訪してくるという前提とした形に変わらなければいけないかもしれません。短期的には変化はないと思いますが、探索行動の変化が長期的にSEO施策や戦略を根本から変えうると思います」(渡辺)

AIに代替されないSEOの仕事とは?

データ処理系と言語処理系の大きく2つに分けられるAIの業務活用。前者に代表されるデータ分析等にはAIが活用される機会が多くなるとしつつ、言語処理系に関しては「記事のアイデア出し、タイトルの見出し、メタディスクリプションに使えるのでは?」と渡辺は話します。

ここで安田さんが「大規模サイトでAIは使えそうですか? 例えば、何か問題が発生したときにチャットAIは改善提案をしてくれるんでしょうか?」と質問。

渡辺の気になる答えは……「絶対にしてくれません」

大規模サイトのSEOはAIが学習できない。ここは大事なポイントですね」(安田さん)

「世の中のネットに出ているSEO情報は一般的な話が多いですよね。中規模サイトまでだったらそういった情報でも役に立つと思いますし、チャットAIもそれを学べるでしょう。でも、大規模サイトは運営企業によって特徴が大きく異なり、抱えている問題もまったく違います。ましてやそこで起こった問題の解決策は誰も情報発信をしていません。問題を解決できるのはそれに関わる担当者だけです」(渡辺)

AI時代を生き抜くためのスキルセット

これからのAI時代に求められるSEOのスキルセットについて、まず渡辺が強調したのが、検索エンジンの基本構造の理解

「インターネットが存在し、情報を検索するという行動がある限り、おそらく検索エンジンはなくなりません。だからこそ今後も検索エンジンがどう動いているかの理解はベースのスキルセットであり続ける。

その上でテクニカルSEOのスキルを伸ばすとなお良い。特に大規模サイトのテクニカルSEOを学ぶ際は、少なくともエンジニアとコミュニケーションが取れるくらいの知識は持っておいてほしい」(渡辺)

では、コンテンツ作りについてはどうでしょうか。
この分野のプロである安田さんは「60〜70点のクオリティで良いのであれば、コンテンツ作りはチャットAIにどんどん任せたらいい」と言います。「一方で、読者の行動やニーズを反映した90点のコンテンツを作れる人は貴重になるはずです」と付け加えました。

「SEOの仕事はサイトを見ることではありません。考えなければいけないのは、自然検索というチャネルを活用してどのように事業を伸ばしていくか。業界における自社の立ち位置や競合と比べたときの強み・弱み。これらを踏まえた上でのマーケティング全体の理解が必要不可欠です」(渡辺)

そして、安田さんは組織で働く上で決して疎かにするべきではないポイントを説きました。

「決済責任者やチームメンバーと一緒に仕事をするスキル。これはチャットAIに関係なく必要です。特に社内調整や予算取りの折衝はAIがやってくれるはずがない。こういった一見めんどくさいと思われがちな業務も、実はAIに奪われない部分だったりします」

SEOで結果を出し続ける人には「共通点」がある

SEOのスペシャリストとして長く仕事をしている人たちの共通点。それはズバリ「SEO以外の専門軸を持っていること

SEOと親和性が高い専門性としては、次の4つです。

「サイト制作の知識はWEBサイトの改修を検討する際に大きな力を発揮する。また、ビジネスについては、自社事業のビジネスモデルをきちんと理解していれば、SEO施策で伸ばすべきポイントや優先順位が見えてくる」(渡辺)

そして最後に、安田さんから参加者の方々へメッセージ。

「僕たちが言っていることを信じたら大丈夫だとは思わないでください。結局一番大事なのは、変化を楽しみながら対応していくことです」

勉強会終了後は交流会を開催。
渡辺や安田さん、参加者としていらっしゃっていた辻 正浩さんに参加者のみなさんが直接質問できる場となりました。

イベント終了後の参加者アンケートでは、91パーセントが大変満足・満足と回答。

「権威のある渡辺さんの講話を聴くことができ、大変有意義だった」
「大変貴重な話を伺うことができました。私個人としてもπ型人材になるべく、引き続き自己研鑽します」
「SEO関係のイベントや交流会に参加するのは初めてなので緊張していましたが、想像よりずっと楽しく刺激的な時間を過ごすことができました」

という感想をいただきました。今後も参加者のみなさんにとって勉強になったり、参考になるものをイベントや記事などで発信していきたいと思っています。

辻さん「検索の根本の考え方はすべて渡辺さんに教わった」

辻正浩さん 株式会社so.la 代表取締役
2011年10月よりフリーランスのSEOとして活動。2013年7月1日に株式会社so.laを設立し、Webサイトを運営するお客様と、検索ユーザ、検索エンジンの3者にプラスになる施策で、長く成果を上げ続けるSEOを追求している。辻正浩さんのTwitter

イベント終了後、参加者に紛れていたSEO業界の有名人・辻正浩さんを発見! 少しお話を聞かせてもらいました。

渡辺さんとはどういったご関係なんですか?

完全に私の師匠ですね。もともと私は北海道でWEB制作の仕事をしていました。でも、2003年にたまたまSEOをやらなくちゃいけない状況になりまして。そのとき渡辺さんの本で初めてSEOを初めて知って学びました。そして、2007年に東京に出てきてアイレップという会社に入り、直に渡辺さんのもとで本格的にSEOを学ばせてもらいました。それから十数年SEOの仕事を続けていますが、検索の根本の考え方はすべて渡辺さんに教わったと思っています。

渡辺さんのすごさは、SEO歴26年という部分じゃないんです。検索を取り巻く動きは変わり続けていますが、渡辺さんはずっと学び続けてあらゆるタイプのSEOにも対応し続けています。それができるのってやっぱり軸がしっかりしているからだと思います。人はどのようにして検索するのか。この本質の部分を正しく、そして深く理解しているから、時代が変わり技術が変わっても結果を出し続けている。

今回のイベントはどうでした?

正直付け加えることはないです(笑)。ただ、テクニカルSEOとして成長するなら、さまざまなサイトを運営していて、なおかつ良き指導者のいる組織に入るのをお勧めしたいですね。

高度なテクニカルSEOの独学には限界があります。多種多様なサイトのSEOを実践して経験を積んでいくしかないんです。その上で問題を見抜く力や正しい理解力を身につけるには、多様なサイトに関わる機会とその道に習熟した人間の存在が欠かせません。

その点で言えば、DMMは大規模サイトを多く展開していて、それに渡辺さんだっているでしょう。本当にお世辞とか抜きで、SEOの仕事を追求したい方にとっては日本でも数少ない企業のひとつだと思います。

 

渡辺がDMMに転職を決めた理由、日本を取り巻くSEOの課題について取材した記事も合わせてご覧ください。SEO界のレジェンドがDMMに降臨!確信した“プラス10億”の効果

シェア

一緒に働く仲間を募集しています!

関連する求人