DMMグループの一番深くておもしろいトコロ。
働く人々

多様性を楽しむクリエイター組織へ──渡辺CTOと大久保VPoEが志向する、理想のテックチームとは

DMMグループの一番深くておもしろいトコロ。

2021年3月、DMMグループは開発組織の体制を刷新。CTO(最高技術責任者)に渡辺繁幸が、VPoE(Vice President of Engineering)に大久保寛が就任し、2頭体制でDMMグループのエンジニア組織を牽引していくことが発表されました。 なぜ2頭体制なのか。これからどんな方向性で、何をしていくのか。 DMMテックチームの現在地と今後について、2人が語ります。

  • 大久保寛(おおくぼ・ひろし)VPoE(Vice President of Engineering)

    新卒でSIerに6年勤務。その後、2005年にカカクコムへ入社し、約12年の在籍期間でエンジニアとして同社が運営するサービスをほぼ経験、事業責任者や子会社CTOを歴任。その後、メディア系ベンチャーにてCTOとCFOを兼務。2019年より合同会社DMM.comに参画。

  • 渡辺繁幸(わたなべ・しげゆき)CTO

    2020年8月まで株式会社アイスタイルでは約10年をVP及びCTOとして牽引。美容系情報サービス@cosmeを軸にECや実店舗、また海外事業など開発に関わるすべてで統括し、自らも企画や設計など幅広く従事。それまでの事業会社においても、その全てでCTOとして事業を推進。2021年3月、DMM.comのCTOに就任。

シェア

関連する記事